Candy
Candy 1人 フルタイム

消化しきれない思い出

すごく重い話ですみません。
暇さえあれば考えてしまいます。

昨年、死産しました。検診で異常を指摘されて、40週までお腹のなかで生きられない可能性もあると言われました。
一人目がちょうど一歳になった頃。まさかの妊娠で、気づいたらすでに9週過ぎてました。妊娠した瞬間は正直、「まじか…」という気持ち。復帰したばかりで、やっと仕事にも慣れてきたのに。との思いでした。結局、嬉しさ半分、微妙な気持ち半分で日々を過ごしていたそんな中、異常が発覚しあれよあれよという間に死産となりました。
4ヶ月を過ぎていたので産休も発生してしまい、会社も2ヶ月休むことに。処置の日までずっと、「なんでこんなことに」、「タイミング悪い」、「なんでうちにやって来たの?」など、お腹の赤ちゃんに対してすごくひどいことばかり考えて暮らしていました。お酒は飲まなかったものの、コーヒー飲んだり、妊婦とは思えない生活でした。
分娩のときも、なかなか出てこれず、頭のなかではずっと「早く出て!」と祈っていて、出たときはほっとしたほど。お腹の赤ちゃんとの数ヶ月の生活は、あっけなく終了。全然悲しみも湧いてこなくて、複雑な気持ちでした。

しかし、いざ対面したとき、小さくてかわいい赤ちゃんを見て、自分はなんてひどいことを、こんな小さい赤ちゃんにしてきたんだろうと猛省しました。妊娠を喜ばず、分娩も淡々と。
元気に生まれてくればいいのに、とか、なんでわたしのところに?とか、こんな無垢な赤ちゃんに、なんてひどい言葉を浴びせてたのだろうと本当に後悔です。
赤ちゃんは存在そのものが尊いし、妊娠、出産って奇跡だったのだろうと、可哀想な赤ちゃんを抱っこするまで気づかなかった本当にダメな母親でした。

友人は、また会いに来てくれるよって言ってくれますが、こんな母親じゃダメかなとも思います。

いつかあの子が会いに来てくれるかなぁ?☁️ もうこんなママは嫌でしょうか? 元気な赤ちゃんに生まれ変わって、今度こそ会いに来てほしいです。ワガママかな。そんな資格ないかな~。でもきっときっと、次はいい母親でありたいです。

2018-03-05 16:33:15