のら
のら 1人 フルタイム

何でも病気のせいにしないでね

年二回の会社の健康診断で一昨年から毎回甲状腺がひっかかり、いよいよ重い腰を上げて検査をしましたが、橋本病という病気でした。

それほど重篤な病気というわけではないですが、ただ最近妙に疲れやすかったり、高熱が出る一歩手前の体の節々の痛さなどが続くことがありました。

ああ、最近の不調の原因はこれだったのかと納得し、主人に"報告"しました。

あくまで報告なので「健康診断で引っかかってた甲状腺の検査結果なんだけど、橋本病っていうのだったみたい。」と言っただけです。

それに対する主人の第一声が「何でも病気のせいにしないでね。」でした。

その時は動揺して特に何も言いませんでした。

私はその一言を、病気のせいにして家事をサボるなよと釘を刺されたのだと思いました。

後日やはりモヤモヤして、主人に言葉の意味を聞きました。

主人の言い分としては、わたしがその病気をセックスレスの理由にしようとしていると思ったとの事でした。




大病じゃなかったにしろ病気と診断を受けて、ある程度ショックを受けている妻に対して、妻の体の心配より先にセックスの心配をしてるとか…。

というかセックスレスなのは病気なんじゃないかって散々病院に連れて行きたがっていたひとが、いざ病気報告されたらこういう対応って…。

そのあとやはりまずかったと思ったのか、ご機嫌取りをしてくる主人に嫌悪感しかない。

わたしの体調を心配する言葉も、嘘としか思えない。

こいつは何回わたしを傷つけたら済むんだろう。

どうして私はこそこそ泣くんだろう。

2019-03-03 22:01:16