共働き世帯は増加傾向にあり、家事・育児をしながら仕事をしているママも増えていますよね。とはいえ、専業主婦の人もいたり、「結婚したら仕事を辞めて、家庭に専念したい」と考える女性もいます。どちらが良い・悪いというものではありませんが、相手との価値観の違いを感じやすい話題でもあります。

独身時代の友人に違和感を覚えた

ワーキングマザー向けのコミュニティアプリ『ままのわ』のなかで、「独身のころに仲のよかった友人と、結婚後に疎遠になってしまった」と、悩みを打ち明けている人がいます。

独身時代はよく遊んでいて、いろんな思い出があり、結婚や出産のタイミングも近しい2人。ただひとつ異なることは、友人は出産後に専業主婦になり、投稿主はワーママになったこと。お互いに忙しく会う機会も減り、数年ぶりに再会したら、友人が亭主関白な夫を支える妻のような性格になっていてビックリ。結婚したら疎遠になってしまったり、お互いが変わってしまうことは、よくあるものなのか、気になっている様子。

専業ママ友には話しづらい…ワーママが密かに抱える悩みとは?

ワーママたちから「その気持ちわかる!」と共感が集まる

友人や近所の専業ママ友には聞きづらい素朴な疑問ですが、どうやらこういったことを感じた経験があるワーママは多いようで、「その気持ち、とってもよくわかる!」と多数の共感が集まる結果に。

例えば、「学生時代の友人たちと集まると、専業主婦は亭主関白な夫や収入の多さをアピールすることが多くて…」と、本音を吐露する人も。

さらに、「子どもを持つ・持たない、結婚の有無で友だち付き合いが大幅に変わった」などの声もありました。子どもや結婚で変わってしまうのなら、仕事の有無で交友関係が変わってしまうことにも納得できますよね。

投稿主もコメントを寄せている人も、疎遠になってしまった友人を嫌いになったわけではなく、環境によって変わっていく人間関係を寂しく感じているようです。

今回は昔の友人に関する話でしたが、専業主婦とワーママの間には、他にも「子どもの習い事にかける費用」や「日ごろ使っているスーパー」など、話題にしづらい内容って意外と多くて困りがち。やっぱりなんでも話せる相手は、同じ境遇の人たちなのかもしれませんね。


「ままのわ」アプリダウンロード


出産, ママ友, 結婚, 専業主婦, ワーママ について「ままのわ」で聞いてみよう。