早く職場復帰をするために、妊婦のころからいろんな保育園を見学していた投稿主。でも、出産を経てわが子と対面してみると、“間近で成長を見ていたい”という気持ちがふつふつと…。
  
近年、女性の社会進出促進のために、企業によっては働く女性をサポートする制度が充実しています。しっかりと産休を取得できたり、子どもがある程度の年齢になるまでは、育休を使えたりするのですが、そのタイミングを決めるのは当事者であっても難しい…。

認可保育園に申し込む時期はどう決めればいい?

とある産休中の新米ママが、「職場復帰をするタイミングについてアドバイスがほしい」と、ワーキングマザー向けのコミュニティアプリ『ままのわ』に投稿しています。

投稿主としては、1歳くらいになるまでは、子どもの成長を見守りたいという気持ちがあるようです。でも、そうすると認可保育園に0歳4月入園で申し込みができないため、入園できなくなってしまう可能性があり、先輩ママたちがどうしていたのかを知りたい様子。

ちなみに認可保育園の0歳4月は、もっとも倍率が低く、入園しやすいタイミングといわれています。

【産休中ママの悩み】職場復帰のタイミングを決めかねてしまう

0歳4月入園だとママが大変な思いをすることになる?

多くのワーママが悩むであろうこの問題。母親としての自分のなかで、葛藤が繰り広げられます。とはいえ結論を出さなければ…。

先輩ママたちのアドバイスには、早い段階での職場復帰は、ママが大変になると指摘する声がちらほら。たとえば、「赤ちゃんの夜泣きで、まともな睡眠時間を得られないまま働くのはつらい」といったもの。夜泣きの赤ちゃんのお世話をするために、睡眠時間が減り、寝た気がしないというのは“育児あるある”のひとつ。そんな状況下で働いてしまうと、心身ともに疲弊しきってしまいそうです。

他にも、「乳幼児は体調を崩しやすく、職場復帰しても休みがちになる可能性がある」との声もありました。こちらもよく耳にする話。せっかく早めに職場復帰しても、あまり出社できないとなれば、職場に迷惑をかけるだけなく、ママ自身が憂うつな気分になってしまう可能性も…。

また、「保育園や仕事はどうにかできるけど、子どもの成長を見守るのは“そのとき”しかできないから、自分の気持ちを優先したほうがいい」と励ます声もありました。

働く女性としてのキャリアを考えると育休は短いほうがいい?

長めの育休を支持する人がいる一方で、「周りから0歳4月入園は“かわいそう”と言われたけど、入れなかったら苦労するのは自分だけ。かわいそうと言っていた人たちは、何の助けにもならないから入園させた」と、自身の経験談を投稿する人もいます。

さらに、「自分のキャリアのことを考えれば、早いうちに復帰したほうがいい」といったアドバイスも。たしかに、育休といえども長い期間のブランクができてしまうと、職場復帰する際に、自分も不安になってしまうし、将来転職しようと思ったときにも有利に働くことはあまりなさそうですよね。

「ままのわ」アプリダウンロード


産休, キャリア, 復職, 保育園 について「ままのわ」で聞いてみよう。