家事・育児と仕事を両立しているママなら、子どもの病気で会社を休んだ経験が必ずあるはず。とくに、「明日は絶対休めない」というタイミングで子どもが発熱してしまった…。なんてことはよくある話です。仕方のないこととはいえ、会社に欠勤の連絡をするのは、いつまで経っても慣れず…。

半年間で有給休暇を25日も消化してしまった

「半年前に職場復帰をしたけど、子どもが病気しがちで会社を休むことが多く、半年間で有給休暇を25日も消化してしまった」。そんな“ワーママあるある”とも思える悩みを抱えた女性が、ワーキングマザー向けのコミュニティアプリ『ままのわ』に悩みを投稿して、たくさんのコメントが寄せられています。

ごくたまに欠勤してしまう程度であれば、さほど問題ではないかもしれません。でも、1週間のうちにたった1日しか出勤できないとなると、会社へ欠勤の電話をするのも憂うつになってしまう…。なにか気持ちを切り替える方法はないものでしょうか?

【ワーママあるある】子どもの病気で欠勤の電話をする憂うつ

子どもと過ごせる時間が増えたと考えればよい?

子どもの病気で仕事を休むことは、ママ自身も会社も「仕方がない」と理解していても、「会社や同僚に迷惑かけちゃうな」と申し訳ない気持ちになることがほとんどです。

寄せられたコメントでは、そういった気持ちを切り替えるために、「子どもと一緒に1日過ごせる貴重な時間だと思えばいい」とアドバイスする人も。たしかに、休んだときくらいは、仕事のことを忘れて「子どもと過ごせる!」とポジティブにとらえたほうが、心の健康にはよさそうです。

他にも、「仕事を休んだ分、出社したときは誰よりもがんばると決めて取り組めば、その気持ちは周りにも伝わるはず」という声もありました。求められている仕事に対して、ちょっとプラスアルファを返せるように努力するといいのだとか。

子どもが病気になっても会社を休まない方法

前述の方法は、気持ちに対してのアドバイスでしたが、そもそも子どもが病気になってしまったら、病児保育やファミリーサポートを活用して、会社を休まないという方法をあげる人も見受けられました。

どちらも住んでいる地域や勤務時間などによって、利用できるかどうかは異なります。とはいえ、もし使えるならば、働くママの強い味方になることは間違いないですよね。身近にそういったサポートがあるか、事前に調べておくとよさそうです。

「ままのわ」アプリダウンロード


仕事, 家事, 育児, 両立, ワーママ について「ままのわ」で聞いてみよう。