足が速い、スポーツができるという子は学校のスター。うちの子も、そんな運動神経のよい子になれば…という人は必見。運動神経は育てられるんです!

昔からある外遊びが運動神経のよい子に

運動神経がいい子は、健康的で、スポーツを通していろんな友達ができたりと、悪いところなし。特に、幼稚園や小学校に入学すると、運動神経のよい子、あまりよくない子に差がでてきます。なかには「うちは夫婦ともに運動神経がよくないから…」とあきらめている人もいますが、ちょっと待って。
もちろん、遺伝による影響もないとは言い切れませんが、運動神経は経験を通して育まれるもの。そこで、我が子を運動神経のいい子に育てる方法をまとめてご紹介します。

4~12歳の外遊びがカギに

スポーツ科学の視点で考えると、運動神経が向上するのは、4〜8歳のプレ・ゴールデンエイジと、9〜12歳までのゴールデンエイジの2回あるといわれています。運動神経は、その名の通り「神経」がカギです。

だいたい神経系統は5歳までに80%成長し、12歳までに100%近く成長するとか。その頃までいかに運動したかがポイント。運動神経のよい、悪いは環境の影響が大きいとされています。運動が得意な子とそうでない子の差は、幼い頃どういった遊びをしていたかが影響しており、運動が得意な子は、主に外で遊んでいることがわかりました。そこで運動神経がよい子に育てるための、外遊びのコツを下記でご紹介します。

運動神経のいい子に育てる外遊びのコツ

子どもの頃は、バランスよく全身を動かす遊びがオススメ。パソコンやゲームなど家の中で遊べるものが増えた分、現代の子は運動不足です。外を歩くといった基本的なことでもいいので、できるだけ体を動かすようにうながしましょう。「こういった種目ができる子に」といった目的がない時は、公園にある遊具などを使って遊んで。これだけでも十分な全身運動になり、運動神経の発達に役立ちます。

○逆上がりができる子になる逆立ち

頭を下にする動きは経験がないと怖くてできません。そこで、三半規管が発達しはじめる3歳半頃から、日頃の遊びで体を逆さにする動きを取り入れて。例えば、家の壁を使っての逆立ちや、お布団やベッドの上でのでんぐり返しなど。

○足の早い子になるケンケンパ

単純なように見える走るという動きですが、実は体のさまざまな筋肉が関わっています。乳児期は、まだ体の機能が未発達です。まずは足の機能を強化するために、昔からあるケンケンパのリズムの遊びからスタートして。片足でジャンプすることで、足の裏やふくらはぎ、太ももの筋肉、足で体全体を支えるバランス力などが身につきます。

○球技がうまい子になるボール遊び

野球やテニス、サッカーなど球技が上手な子に育てるためには、やはりボール遊びが欠かせません。ボールを地面に転がして、それをキャッチ。またそれを投げたり、蹴ったりして戻してもらうなど、手や足を使ってボールをやりとりする遊びを取り入れてはいかがでしょうか。独自のルールを取り入れて、より子どもが楽しみやすくするのもよいでしょう。


ヘルスケア, 子ども について「ままのわ」で聞いてみよう。