外資系やベンチャー企業で、在宅勤務を導入している会社が増えてきているようです。

『ままのわ』でも在宅勤務のママから相談エントリーが数多く寄せられています。

フリーランスや自営業などで在宅勤務をしているワーママは、どのように工夫をして仕事を進めているのでしょうか?

在宅ワークの時間のうまい使い方は?


一番多かった声は、キチンとスケジュールを立ててから取りかかるということです。

あるワーママのスケジュールを見てみましょう。

“10時~12時:○○記事3本、ランチ、掃除機、
13時~15時:経理データ入力、洗濯取り込み、
16時30分:保育園お迎え…”

など、1日の予定を細かく書き、実行できたらペンで消していくと達成感も感じられます。
予定をたくさんこなせた日には、自分を褒めてあげられそうですね。

このアイデアを聞いた相談主は、1日の予定を立てるだけではなく…

“漠然としているスケジュールをもっと細かく、月単位、週単位、日単位で考えていこうと思います。そうすると今寝ている場合じゃないと思い直せるかもしれません。”

との気付きがあったようです。長いスパンで予定を立てておけば、学校の行事などを考慮して、月の仕事に余裕をもって配分できますね。

仕事時間と家事時間のすみ分けは?

ところで、在宅勤務の場合は、どのタイミングで家事をこなしているのでしょうか?

仕事をしている時間に、家事をするか?しないか?は、人それぞれのようです。

「仕事の時間」と「家事や予定などの時間」を分ける

家事や子どもの予定がある時は、「仕事の時間」「家事や予定などの時間」にわけて、家事をこなすワーママもいらっしゃるようです。

この場合は、予定を優先しすぎると、締め切り間近に徹夜になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

また、

“家事の合間に仕事”じゃなくて、”仕事の合間に家事”にして、一つ終わらせたら洗濯を干す!という風に進めています。”

という意見もあります。作業の区切り方は、人それぞれです。ご自身であった方法をいろいろ試してみるのもいいかもしれません。

子どものいぬ間=在宅勤務時間

その他に、子どものいない時間=在宅勤務時間と割り切るママの意見もありました。

“私の場合、子供が学校に行っている間が勝負なので、何時までに終えると必ず時間を決めます。”

子どもが帰ってくると、仕事に集中できないので、帰ってくるまでが頑張りタイムですね。追いかけっこをしているような気分になって、仕事効率もあがりそうです。

効率よく仕事をこなすには?

目標を立ててスピードアップ!

また、1日をダラダラ過ごさない方法として、目標を立てているワーママもいます。

“私は在宅で架電業務をやっています。
一件いくらでやっているので、1時間で何件かける!と目標があります”

目標に向かって仕事を進めれば、ひとつ片付いたら音楽を聴く、コーヒーを飲むなど、短時間の気分転換や休憩ができるので、仕事の効率があがりそうです。

気分が乗らない場合は無理に仕事を進めず、自分のタイミングで休憩できるのは、在宅で働くメリットなのかもしれません。

自分の性格を把握する

“心配性っていうこともあり、後回しにできず常に前倒しで仕事しています。納期が遅れるとか絶対にできないので”

という声がある一方、徹夜してでも締め切りを守る、という土壇場派の声もありました。

オフィスで決まった時間を働くスタイルとは違い、家事や育児をこなしながらの在宅ワークは、仕事の進捗確認と、スケジュール表の活用が大事ですね。

(文・ままのわ編集部)


自営業, スケジュール, 仕事, 在宅, 家事, ワーママ について「ままのわ」で聞いてみよう。