普段捨ててしまう野菜の根っこやヘタの部分を再生する「リボベジ」で、節約と食育を叶えましょう!野菜を育てて収穫する体験は、子どもの野菜嫌いにも効果的!?実際野菜を育ててみた様子や、初心者向けのおすすめ野菜をご紹介します。

再生野菜「リボベジ」とは

リボベジ(リボーンベジタブル)とは、普段捨ててしまう野菜のヘタや根っこから葉を再生させて、また料理に活用する節約術のひとつ。
水に差しておくだけなので、プランターや土を用意する必要もなし。コップや小さな受け皿などを活用すればいいので、手軽に始めることができます。
実際に野菜が育っていく様子を見たり、自分で収穫をしたりする喜びは、子どもの食育にもぴったり!ちょっとした食卓の彩りに採れたての野菜を使うことができ、さらに節約にもつながるので、取り入れない手はありませんよ!

「ネギ」を再生させてみました

以前、ニンジンの葉を育てていたことがありますが、もっと普段のメニューに活用しやすい野菜を育ててみたいと思い、ネギを再生させてみることに!
リボベジをする際、気をつけるのは「温度・水・光」の3点。

  • 温度:暑すぎない、涼しい場所に置く
  • 水:1日1回必ず水替えをする
  • 光:窓際などの日当たりのいい場所に置く

※夏場は1日2回水を替えたり、直射日光を避けたりして調節するようにしましょう。

まず、ネギの根っこの部分を10~15cmほど残して切ります。

3本ほどあれば、輪ゴムでまとめて立たせることができます。1本しかないときや、うまく立てられないときは、食器洗い用スポンジなどをコップの大きさにカットし、真ん中に穴をあけて差し込めば立つようになりますよ。

斜めの状態で水に差していると、立てているときより成長しにくい場合があります。同じ条件で「立てたもの」と「斜めのもの」を育てたことがありますが、斜めの方は成長も遅くすぐに枯れてしまったので、立てたほうがおすすめです。

次の日には真ん中の部分や根が伸び始め、3日目でこのくらいになりました。

環境がよければ10日くらいで2~3倍に伸びるようですが、少し寒い時期だったせいもあり、成長はゆっくりめ。10日でこのくらいですが、薬味として収穫する分にはちょうどよいですね!

初心者さんはまず「小口ネギ」がいいかも!

あまり時間がかかるようだと枯らしてしまうリスクも高まるため、5~7日ほどで成果が出る野菜を探しました。
そこでトライしたのが「小口ネギ」!
通常の長ネギと比べ、リボベジでの成長も早いという小口ネギ。スーパーで手に入る小口ネギは「根っこ」がついているものがあるため、比較的育てやすいといわれています。

同じように、根に近い部分から10~15cmの位置をカットし、輪ゴムでまとめて水に差します。

3日でもうここまで伸びました!
飽きやすい子どもたちも、小口ネギなら日に日に成長がみえるため、育てる楽しみを感じることができたよう。

5日でしっかり収穫できるほどの長さになりました!

ネギ・小口ネギはどちらも、「ちょっと薬味として欲しい」ときに便利な野菜。リボベジならその「ちょうどいい」量を収穫することができるのもおすすめできるポイントです!

そのほか、初心者向けのリボベジは?

小口ネギのほか、短期間で育ちやすいおすすめ野菜は以下です。

豆苗
初心者に最もおすすめなのは、エンドウ豆の若芽である豆苗。1週間くらいで収穫できます。
パッケージにも再生方法が書かれていることが多いので、ぜひチェックしてみてください。

ニンジンの葉
ニンジンのヘタ部分を2cmほど残してカットし、薄く水を張った器にのせて育てます。葉の見栄えもよく、インテリア性も◎。ちょっとした食卓の彩りに。

水菜
ゆるやかで劇的な成長というわけではないですが、1週間ほどでそれなりに葉が伸びてきてくれます。スポンジなどを使って立たせた状態で育てるのがおすすめ。

どれも育てるときは、水を入れすぎず、毎日きちんと水替えをしてあげましょう。根がぬめり始めると腐ってしまうので、根もきれいにしてあげるとより長持ちしますよ。

「リボベジ」で食育と節約を叶えよう

今回リボベジにチャレンジして、普段「ネギは嫌い!」と言っている子どもたちが率先して、
「お水変えたい」「ネギ伸びたかな?」と興味を持ってくれたのは大きな発見でした。
「自分たちで育てたネギだよ!ちょっと食べてみよう」
と促してみると、いつもはネギを食べない長男も、嬉しそうに食べてくれました!
あまり緑のない住宅街に住んでいるため、「野菜が育つ」ということを身近に感じられるリボベジは、とってもいい勉強になったようです。

普段捨ててしまう部分を再利用するリボベジは、エコにもつながります。お財布だけではなく地球にも優しいリボベジ、ぜひお子さんと一緒にチャレンジしてみてくださいね。

(文・古屋ナシコ)


節約, テクニック について「ままのわ」で聞いてみよう。