洗濯機、そろそろ新しいものを購入しようと思っている方、「ドラム式と縦型って、どう違うの?」と迷っていませんか?そこで今回は、それぞれの特徴について解説します。選ぶときの参考にしてみてくださいね!

ドラム式と縦型。さて、その違いは?

「ドラム式は横向きで、縦型は縦向き」くらいの区別はつくけれど、その性能の違いや、それぞれの長所・短所についてはあまり詳しくない、という方もいらっしゃるようですね。家電購入は、決して安い買い物ではありません。あとで「やっぱりあっちにすればよかった」「これについては想定外だった」とならないように、事前にリサーチしたいですよね。そこで、ドラム式と縦型の特徴について、以下のようにまとめてみました。購入するときの参考にしてみてください。

「叩きつける力」で洗うドラム式

ドラム式洗濯機は、ドラム槽が横向きのままで回転し、衣類を上から下に叩きつけるように落として洗うタイプです。重力を利用した「叩き洗い」が特徴といえるでしょう。

メリット

  • 縦型の約半分程度の水量で洗える
  • 水量が少ない分、洗剤濃度が高くなり、成分の効果が出やすい
  • 叩きつけるように洗うため洗剤が繊維の奥まで染み込み、頑固なシミや皮脂汚れに効果を発揮する
  • 洗濯物の出し入れ口が正面にあるスタイルで、大型衣類や布団の出し入れがしやすい
  • 衣類同士の絡まりが少ないため、かたまりができにくく、シワにもなりにくい
  • 乾燥機能が充実していて天候や時間帯に関係なく乾かすことができ、大幅な時短が可能になる

デメリット

  • 大量の水で洗う縦型のもみ洗い効果に比べると、泥汚れなどの大きな汚れへの洗浄力はやや弱まる
  • 縦型に比べると本体価格が高い傾向にある
  • メンテナンスが複雑で面倒
  • 縦型よりも設置スペースをとることが多い
  • 衣類の出し入れ口が正面についているため、設置場所の間取りによって扉の開閉可能な方向が限定されてしまい、設置に苦労することがある

こんな方におすすめです

  • 水道料をはじめとするランニングコストを抑えたい
  • 洗濯物は日常的に外干ししたくない(花粉やホコリの付着を防ぎたい、日中不在が多い、外干し禁止のマンションに住んでいるなど)
  • 布団など、大型の洗濯物もできれば外のコインランドリーやクリーニングには出したくない
  • 洗濯から乾燥までの時短をしたい

以上の特徴からドラム式は、毛布やシートなど、大き目の布製品の洗濯頻度が高い家庭や、洗濯から乾燥までを全自動で済ませたい方、共働き家庭でとにかく時間を効率よく使いたいという方にも適した洗濯機といえるかもしれませんね。かつでは洗濯時に出る音が大きいという欠点が指摘されることもありましたが、現在ではかなり改良が進んでいるようです。

「水流の撹拌力」で洗う縦型

縦型洗濯機は、洗濯槽にためた水を底部のパルセーター(羽状の部分)で撹拌して洗うタイプで、水流の力を利用した「もみ洗い」効果が得られるのが大きな特徴です。

メリット

  • もみ洗いによる高い洗浄効果が期待できるため、泥汚れ等にも強い
  • 水を大量に使う洗浄方法でしつこい汚れも落ちやすく、槽内での“汚れ戻り”が少ない
  • お手頃価格の商品が多い
  • 設置スペースが比較的コンパクト
  • メンテナンスがシンプルで簡単なので、定期的にメンテナンスすれば長持ちする

デメリット

  • 水を大量に使用するため、水道料金がかさむおそれがある
  • 出し入れ口が上についているスタイルなので、布団など、大型の洗濯物の出し入れがしにくいことがある
  • 水流を利用して撹拌する洗浄方法により、衣類同士が絡まり、シワになりやすい
  • 乾燥機能はドラム式よりも充実度が低く、所要時間が長く、シワも残りやすい

こんな方におすすめです

  • 最低限の機能があればOKで、できるだけ本体価格は抑えたい
  • 普段から外干しが中心で、洗濯機の乾燥機能はほとんど使わない
  • 子どもがいて泥汚れのついた洗濯物が多い
  • 洗濯機を置くスペースが限られている

以上のことから、縦型は「シンプルに洗浄機能さえ充実していれば問題なし」という方や、「うちは運動部の子どもがいて、毎日が泥汚れとの戦い」といったご家庭にはおすすめのタイプといえるでしょう。乾燥機能がついていないものであれば数万円程度からラインナップされているのも、コストダウンを図りたい方には嬉しいですよね。

家族構成や生活スタイルに合わせて選ぶ

洗浄方法や特徴がそれぞれ異なる、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機。それぞれに強み・弱みがあり、ニーズに合わせて購入側が賢く選ぶことで、家事の負担がぐんと減らせるでしょう。参考までに、失敗しない選び方のステップとして、

  • メーカー別にパンフレットを集めて客観的目線で比較してみる
  • 売り場で実際に触ってみる、動作してみる
  • わからないことは家電ショップのスタッフに納得いくまで相談する
  • 家族構成や生活スタイルに合った機能が搭載されているものをピックアップする
  • 本体価格、ランニングコストの双方を吟味した上で選ぶ

これらを念頭に検討してみることをおすすめします。わが家は吟味した結果、この春から「ドラム式」デビューすることにしました。

また、機能面だけではなく、デザインやカラー選びにも手を抜きたくないもの。日常生活の中で毎日目にする家電は、シンプルで邪魔にならないことが何よりですが、それでも「ただ使えればいいや」では味気ないので、少しだけ心に彩りや潤いを与えてくれるようなものがベストではないでしょうか。家族会議などを開いてみんなでワイワイ楽しく決めればコミュニケーションアップにもつながり、新しい洗濯機への愛着もわきそうですね。

(文・なかたり)


家事 について「ままのわ」で聞いてみよう。