赤ちゃんを抱えるワーママにとって、仕事と育児の両立はとても大変なこと。「在宅ワークなら負担は少ない?」と思っても、実際自分にできるのか疑問に感じますよね。今回は、乳児がいてもできる在宅ワークの実態や、やってみてよかったことをお伝えします。

赤ちゃんと過ごしながら在宅ワークをするよさ

子どものお世話をしながら、自宅で仕事をするってどんな感じ?
実際仕事をしてみるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

すぐそばでわが子の成長を見守ることができる

毎日赤ちゃんのそばにいられるので、日々の成長をいろいろな場面で感じることができます。赤ちゃんとのかけがえのない時間は、ママにとって何よりの宝物です。

赤ちゃんが病気のときは、いつでも仕事を中断できる

会社勤めをしていると、急にお休みをもらったり早退したりするのは気が引けます。誰かに「すみません」と言わなくてはならないのがイヤ、というワーママも多いのではないでしょうか。その点、在宅ワークは自分で仕事量やある程度スケジュールの調整ができるので、「きょうは休んで、その分は明日取り返そう」というように、気軽に休みを取ることが可能です。自分で調整できる範囲内で休む分には、誰にもあやまらなくてよいのです。

自分の思う通りに仕事量を調整

在宅ワークは、受注する仕事の数を自分でコントロールすることができます。たとえば赤ちゃんの体調や様子が心配、というときは、作業時間や作業ボリュームを調整することで、しっかり見ていてあげる時間を増やすといいですね。また、パパや子どもとの時間がもっとほしいと感じたときも同じ。家族と過ごす時間を大切にできます。

デメリットもある

自分では「オンタイム」と思っていても、家族に気軽に声をかけられるので、集中して仕事ができないときがあります。また、つい仕事に夢中になって、家事育児がおろそかになってしまったり、きちんとやらなければならないという責任感から重圧を感じたりする可能性も。デメリットを回避するためには、無理に仕事を請けすぎないこと、家事や育児すべてを一人で抱え込まないことです。
不安を感じたら、今何を優先すべきかを家族と話し合うとよいでしょう。

赤ちゃんがいてもできる在宅ワークとは?

在宅ワークとひと言でいっても、スマートフォンひとつでできるものから、専門的なスキルを要するものまでさまざまです。ここでは、誰でも簡単に、気軽に始められる仕事内容にスポットをあててみました。

スマートフォンを使った仕事

アンケートや商品モニター
アンケートサイトなどに登録して参加します。
毎日さまざまなアンケートがアップされ、そのほとんどがスマートフォンで回答可能。
報酬はポイントで換算されることが多く、得られるポイントも多くはありませんが、毎日のスキマ時間に楽しみながらこなせるのが魅力です。
また商品モニターは、送られてくる指定の商品を使って感想を書き込むという仕事です。暮らしのなかでモニター品を楽しく使いながら、簡単にこなしていくことができます。

季節イベントの食卓画像撮影
ひな祭りやクリスマスなど、季節のイベント当日に食卓の写真を撮り、アンケートと合わせて提出するという簡単な在宅ワークです。写真を撮るのが好き、料理が好きなワーママにとっては、食事の支度をしながら楽しめて、報酬も受け取れるというオススメの仕事です。

パソコンを使って少しだけ本格的に

データ入力
タイピングが好きなママに。依頼されたメモや音声データを入力するものや、指定されたワードの検索を行い、結果を入力するものなどがあります。

短い文章のライティング・校正
文章を書くのが好きなママには、初心者でもチャレンジできる文字数の少ないライティング案件がオススメです。納期に幅があるため、依頼から納品まで余裕のある案件を選ぶとよいでしょう。

在宅ワークをする時間の取り方は?

育児と在宅ワークを両立させるために、仕事をする時間を上手に確保していきましょう。ポイントについて、お話します。

無理をしないと心に決める

在宅ワークは気軽に始められますが、請け負って、責任をもってこなす仕事です。
責任感からつい無理をして、家族皆に迷惑をかけてしまう、というのは、在宅ワークあるあるのひとつ。赤ちゃんと過ごしながら在宅ワークを始めるにあたって、自分なりのルールを決めましょう。

  1. 赤ちゃんとの時間を優先する
  2. 仕事をしない日を決めておく
  3. どんな案件でも作業時間は短いものにする
  4. 簡単だからと多く請けない、仕事量は抑えめに
  5. できないと思ったら、すぐに依頼主に伝える

上記の項目を徹底するだけでも精神的・時間的にゆとりがうまれます。

仕事時間は、赤ちゃんのペースに合わせよう

お昼寝の時間を活用
子どもが朝起きるまでの時間、昼寝中、寝た後の時間を仕事にあてるのがもっともポピュラー。昼寝の時間を軸に、ママ自身が朝型か夜型かによって、仕事時間を確保しましょう。

パパにお願いしよう
ひと月に1度くらいはパパ(または祖父母)に赤ちゃんを預けてみてもいいですね。ママの日頃のリフレッシュを兼ねて、協力を促してみましょう。

一時保育という手もあり
地域によって預け方は違いますが、保育園や地域ファミリーサポートなどは事前に預かり登録をし、予定の日に空きがあれば利用可能です。

予定通りにはいかない

お昼寝をしていてもちょっとした物音で起きてしまうし、夜泣きも続いて大変……。そんなときは、仕事の手を止めてひと呼吸を。「お願い、いまは眠っていて!」とママが願うときほど、不思議と赤ちゃんは起きて泣いてしまうものです。

泣いたら必ずスキンシップ
仕事中に泣いたりぐずったりしたときは、「ママ抱っこ」の合図。愛情を求めているわが子をギュッと抱きしめて、存分に安心させてあげましょう。

早め早めに仕事を終わらせる
納期がすぐなのに子どもの体調が悪かったりすると、なかなか仕事がはかどりません。そうなる前に、依頼された仕事は早く終わらせる癖をつけましょう。子どもが小さいうちは、納期間際まで仕事を抱えること自体がリスキーです。

赤ちゃんがいるママこその在宅ワーク

子どものそばにいながら在宅ワークをするためには、「やりたい仕事の内容・時間確保の方法」を明確にすることが大切です。在宅ワークの取り組み方の基礎を作っておけば、子どもが幼稚園や保育園に入園したときにできるママひとりの時間を、有効に使って仕事に取り組めるようになりますよ。

文・ 山本ゆきえ/株式会社キャリア・マム


在宅ワーク, 転職 について「ままのわ」で聞いてみよう。