「在宅ワークをしているけれど、収入を増やすためにパートもしたい」「パートをしながら在宅で仕事をしたい」と考えているワーママはいませんか?今回は、仕事の掛け持ち、在宅ワークとパートをうまく両立させるためのポイントをご説明します。

在宅ワークとパート、両立のメリットとは

収入を今より増やしたい、スキルを身につけるために違う仕事をしてみたいなど、仕事の掛け持ちをする理由は人それぞれ。いま持っている仕事に、違う仕事をひとつ加えるというのは大変なものですが、「在宅ワーク+パート」の働き方にはメリットが多い場合があります。

収入を増やせる

状況に合わせて仕事量を調整できる在宅ワークに加え、ムリのないパートシフトで働くことで、収入額を確実に増やすことができます。おのずと貯蓄にまわす余裕ができるのが、ワーママにとって嬉しいポイントです。

時間の有効活用

パートが終わって自宅に着いたら、空いた時間をムダなく在宅ワークへ。効率よく働くことで、日々の時間のコントロールができるようになります。在宅ワークだけだとオンオフをつけられない、自分を管理しきれないというママには、「在宅ワーク+パート」が向いているといえます。

働く意欲が湧く

自宅で働くばかりではなく、外でパートとして働くことは気分のリフレッシュになります。将来に向けた働き方の選択肢を準備できるのが、仕事の掛け持ちの良いところです。

掛け持ちで気をつけなければならないこと

「在宅ワーク+パート」の両立において、次の2つのポイントに注意しておきましょう。

体力面

パート勤務は在宅ワークと違い「通勤」があるので、決まった時間に決まった場所に行くのが負担になる場合があります。また、仕事を詰め込んだ時は、自分の時間がなくなり休息できなくなる恐れも。パート先での人間関係に疲弊する場合もあるので、精神的・体力的にもムリは禁物です。

まわりの理解

まずは働いてみたいと思ったパートの求人情報をチェックします。このときに、詳細欄などに「掛け持ちOK」と書いてあるかを確認しましょう。記載があれば、「(もう一方の仕事との)シフト調整が可能」の職場である確率が高くなります。他に、パート先で残業があるかどうかの確認も忘れずに。時間がずれ込むことで、在宅ワークとの時間調整がきかなくなることがあるためです。また、家族にとってはママがいつも仕事をしているように感じられるので、どんなに忙しくても家族との時間や、子どもとのスキンシップは忘れないようにしましょう。

パートと両立しやすい在宅ワークはなに?

パートで働きながら、スキマ時間を有効に使える在宅ワークの仕事内容をご紹介します。効率よく働くことは、掛け持ちで仕事をする上でとても重要なのです。

スマートフォンを使った仕事

アンケートモニター
ポイントサイトなどに事前登録をして、毎日更新されるさまざまなアンケートに回答します。アンケートモニターはひとつの仕事にかかる時間が非常に少ないので、小さなお子さんを抱えるワーママにぴったりの在宅ワークです。

在宅ワーク初心者にはパソコンを用いた仕事

データ入力
依頼されたメモ・音声データを入力するものなど、空いた時間にサッと仕事ができるのが特徴。時間の見通しを立てやすいので、忙しいママでもこなせるのがポイントです。

Webライター
普段からブログをアップしているなど文章を書くのが好きなママには、初心者でも始めることができるライターの仕事がおすすめです。まずは文字数の少ない案件から始めてみて。

在宅ワークの変形型「覆面調査」もあり

外での仕事になりますが、パートの帰りや出かけたついでにできる「覆面調査(店舗やサービスを評価する)」の仕事もあります。指定の店舗や施設(レストランやカフェ、銀行など)に客として出向き、「店内の清掃が行き届いているか」「スタッフの接客はどうか」などのチェックを行なって、発注者に報告書を提出するものです。
子ども連れOKな案件もあり、子どもと寄り添いながら働くママに人気のある仕事のひとつになっています。

在宅ワークで、比較的短い時間でこなせるものであっても、仕事は座った瞬間に始められるものではありません。スキマ時間を上手に活用していくためにも、パート先への通勤時間など、実質の稼働時間を考えて余裕をもって時間管理をすることを忘れないようにしましょう。

パートとの掛け持ちは難しいことではない

在宅ワークとパートの両立は大変そうに感じますが、きちんと対策をすれば決して難しいものでありません。自宅で気軽に働くこと、外でパートとして働くこと、両方の楽しさを実感できる上に、安定した収入を得られるのはとても理想的なことですよね。自分に合った在宅ワークとパートで、充実した働き方をしていきましょう。

文・ 山本ゆきえ/株式会社キャリア・マム


在宅ワーク, 転職 について「ままのわ」で聞いてみよう。