職場復帰をして1ヶ月が過ぎ、自分のペースが掴めない新米ワーママさんも多いのではないでしょうか?

先輩ワーママは育児や仕事、家事をどのように両立させ、毎日を過ごしているのでしょう?

1日のスケジュールや悩みと解決法を、正社員ママ、パートママの二人にそれぞれお聞きしました!

働くママの1日のタイムスケジュールとは?

まずは1日のタイムスケジュールをうかがってみました。

正社員ママの場合

06:00  起床
    洗濯、身支度して、夫と手分けしてごはんを作る
    子供が起きる前に着替えなどを済ませ、すぐ外出できるように全て整える
07:00 子供が起きる
07:50 家族全員で家を出る
08:00 保育園の支度をする
08:10 保育園を出る
09:00 会社に到着
09:30 就業開始
16:30 時短勤務のため、会社を出る
17:00 電車(移動中は、余裕があれば本を読んだりする)
18:00 保育園にお迎え
19:00 散歩などをして、帰宅
19:20 夕飯(日曜日に作り置きをしていることも)
20:00 順番にお風呂へ
21:00 絵本を読んだりして就寝準備
21:30-22:00 就寝

パートママの場合

6:00  起床
     お弁当、朝食作り、洗濯
7:00  子供たち起床  
    子供と一緒に朝食をとり、子供を送り出す
8:00  自分の身支度、準備
9:00  娘を幼稚園に送って行く
10:00  就業開始
15:00 会社を出る
16:00 息子下校 習い事の送り出し
16:30 娘を幼稚園に迎えに行く
17:00 夕飯の買い物
18:00 娘と夕飯
19:30 息子と夫の夕飯
20:00 洗い物、片付け
20:30 娘をお風呂に入れ、息子の宿題を見る。
21:00 娘の寝かしつけ
22:00 入浴
23:00 就寝

スケジュールを見てみると、旦那様と協力して朝ごはんを作ったり、夕飯は休日に作り置きしたり、と料理を1つとっても時間の使い方を工夫していますね。

他にも時短術として、家電に家事を”お任せ”するのも一つの手です。

任せられるものは任せる。削れるものはとことん削る。そうしていけば時間にゆとりができるのかもしれません。

働くママの子育ての悩みと解決方法とは?

これだけスケジュールが詰まっていると、あれこれどうしたらいいだろうと壁にぶつかることもしばしばだと思います。

そのなかでの大きな悩みは、いったいどのようなことなのでしょうか。引き続き正社員ママ、パートママのお二人にお話を伺いました。

正社員ママの場合

<悩み>
喘息持ちの子供なので、仕事を休んだりして看病するのが大変でした。

<解決方法>
家族や病児保育に頼って診てもらいました。家まで来て診てくれる病児保育は助産師に教えてもらって知りました。(墨田区の「Hug」というところに頼みました。 国が補助してくれます)

***

子供が喘息などの病気を抱えている場合、看病するためにその都度仕事を休むのは大変ですよね。

あってほしくないことですが、理解のない職場だと迷惑がられてしまうこともあるかもしれません。休みが多くなってしまい、肩身の狭い思いをした経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は一人で抱えこまず、家族に看病を頼んだり、病児保育を利用したりするのがオススメです。

また、病児保育には、子どもの保育を施設で預かる「施設型」と、自宅でおこなう「訪問型」があります。
「子どもが病気になったけど、仕事を休むことができない!」ときに備えて、近くの病児・病後児保育施設などの情報を収集し、利用方法を確認しておくといいかもしれません。

パートママの場合

<悩み>
幼稚園に通う子どもの夏休み中の預け先に困りました。

<解決方法>
自治体が運営するファミリーサポートを利用することで解決しました。

***

働くママにとって気がかりなのが子供の長期休み。その間、どうしたらいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

多くの方は、”仕事を休む”、”子供を預ける”に分かれるようです。

どうしても仕事を休めない方は預けることが多いようですが、大切な子どもを預けるのは心配だし、そもそもどこに預ければいいかわからないという方も。

そんな時は、自治体が運営するファミリーサポートを利用するといいかもしれません。

ファミリーサポート(正式名称:ファミリーサポートセンター)とは、育児や介護について助け合う会員組織です。

市区町村が設置・運営するファミリー・サポート・センターの会員となると、援助をしていただける方を探してくれます。また、援助を受けたいけど、自分に余裕があるときは困っている人を援助する側にもなりたい。

そんな方も、センターでは会員を対象に育児に関する知識や技術を身につける研修会も実施しているので、安心して相互援助することができます。

買い物等で外出する際や保育所の開始前や終了後にも活用することができるので、事前に会員登録しておくとスムーズに利用できるかもしれませんね。