「ままのわ」では、働くママを応援するさまざまな団体の協力のもと、ママたちの「今」を共有しあう座談会を開催しました。働くスタイルやライフステージの異なる約70名のママに集まっていただき、リアルな働くママの悩みや思いを語っていただいたこの座談会。「ままのわ」ユーザのみなさんにも、これから復職を迎える方にもヒントになる会話が盛りだくさんです。
そこで今回は、ご協力いただいた働くママを応援する団体のご紹介をします。

仕事や子育てで悩む人を一人でも減らしたい

座談会に参加してくださった三つ目の団体は、ママになって初めて気付く孤独感や、仕事や子育てで悩む人を一人でも減らしたい!という想いで始まったコミュニティの「女神会」さん。

  • 毎月ママ会やマルシェ、勉強会などを開催
  • 他の人に話したら恥ずかしいかな・・・と思うような夢もみんなで応援
  • イベントに参加しているうちにアクティブになり、専業主婦からプチ起業するママや兼業ママが多く、ミセスコンテストのファイナリストやママインフルエンサーになった人も!

と、いろいろな活動を通じて、「ママになったからといってなんでも我慢しなくていいんだよ」ということを伝えているそうです。

家事や育児ってママがやらなきゃいけないもの??

「家事の役割分担について」というテーマでは、
“旦那さんに家事の分担について相談したら、なんと・・・「点数表」を作ってきたんです。しかも自分の仕事に対する点数だけやたらと高くて。「皿洗い:1点」とか、家事に対するポイントが低いんです!家事のポイントを細かく分けて対抗したのですが、仕事の点数の比重が高すぎて、なかなか手伝ってもらえないのが悩みです。”
という個性的な旦那さんのお話もあり、他のママからも、「時短勤務はママがするものと思われている」「子どもの体調不良で仕事を休むのはいつも私」など、パートナーとのバランスでの悩みや不満の声がたくさんありました。

一人で悩まないで気軽に相談して!

女神会さんからは、「友達や知り合いには言えないことや、今更聞けないな・・・と思っていることなどを気軽に投稿して、一人じゃないこと、大丈夫なことを知るだけで世界は変わります。ひとりで抱え込まずに「ままのわ」をひとつの居場所にしてくださいね。」というメッセージをいただきました。

座談会で盛り上がった「ママが知りたい情報」や「夫を育てるコツ」については、別のコラムでも紹介していきます。お楽しみに!

(文:ままのわ編集部)


座談会, 先輩ママ, ワーママ について「ままのわ」で聞いてみよう。