毎日忙しいシングルマザー。仕事の収入面も大事だけど、子どもとの時間も大事にしたいと考えるシングルマザーも多いはず。
育児と仕事をどのくらいの割合で考えていけばいいのでしょうか?

今回は、シングルマザーの雇用形態別メリット・デメリットをキャリアコンサルタントに聞いてみました。

シングルマザーが正社員で働くメリット・デメリットは?

正社員で働くメリット
収入の安定・各種制度の活用ができる・社会保険が適用できること。(キャリアコンサルタント)

正社員で働くデメリット
拘束時間が長い・会社のカレンダー行事に従わなければならない(夜勤・休日出勤)などが挙げられます。(キャリアコンサルタント)

おすすめの職場
育休・産休・時短・テレワークなど制度が充実しているところやシングルマザー経験者が多く職場の理解があるところがいいです。(キャリアコンサルタント)

安定した収入を得るためにはやはり正社員が一番適しています。とはいえ、最も拘束時間が長くなってしまうため、正社員の仕事を探す際は、雇用条件や職場にシングルマザーの経験者がいるか、またシングルマザーに理解があるのかをしっかり確認しておきましょう。

シングルマザーが派遣で働くメリット・デメリットは?

派遣で働くメリット
シングルマザーが派遣で働くメリットは、勤務地や職種を選べる、待遇面を交渉できる、大手企業に就業できる、ステップアップにも向いていること。(キャリアコンサルタント)

派遣社員のメリットは、正社員よりも勤務時間や仕事内容に融通が効く点です。仕事内容も、フルタイムで働けるものから、短時間勤務が可能なものまで幅広く、自分に合った仕事を選ぶことができます。さらに、パートよりも時給が高い場合が多いのも大きな特徴です。

派遣で働くデメリット
デメリットは、他社競合がある。直接交渉ができないところです。(キャリアコンサルタント)

各種手当や勤務時間で相談したいことがあっても、その場の上司に相談できないところです。あくまで派遣社員は、その職場ではなく派遣会社に雇われているので、雇用条件などの相談は派遣会社を通さなければなりません。そのため、すぐに対応してもらえないというデメリットがあります。

シングルマザーがアルバイト・パートで働くメリット・デメリット

アルバイト・パートで働くメリット
シングルマザーがアルバイトパートで働くメリットは、休日など勤務時間が自分で選べるところです。また、同じ環境の人が多く、家の近所で働けるところなども挙げられます。(キャリアコンサルタント)

大きなメリットは、勤務時間が選べて、なおかつ融通が利きやすいことです。
パート主婦の方も多いので、子供がいる主婦への理解がある職場が多いのが特徴です。

アルバイト・パートで働くデメリット
正社員と比べると収入面の不足や将来への不安が残ります。(キャリアコンサルタント)

デメリットは、収入が少ない点です。アルバイト・パートは、一人で生活費を稼がなくてはならないシングルマザーにとって将来への不安が捨てきれません。
とはいえ、子供が小さく、周りに協力者がいない場合はやむを得ずアルバイト・パートを選択する方も多いのが現状です。

時間と収入を計算して、自分に合った仕事を

正社員、派遣社員、アルバイト・パートとそれぞれの働き方が存在します。

この中から仕事を選ぶ基準は、自分がどのくらい収入が必要なのか?どのくらいの時間を仕事に費やすことができるのか?といったことです。

無理をして長時間働くと、家族との時間が取れなくなってしまう場合もあります。

育児と仕事を上手く両立していける雇用形態や仕事を選ぶようにしましょう。


シングルマザー, 働き方, 雇用形態, キャリアコンサルタント, 仕事 について「ままのわ」で聞いてみよう。