主婦が正社員で働き、仕事と家庭を両立することはできるのでしょうか?

今回は、主婦が正社員になるメリット・デメリットから、主婦の正社員の割合までをキャリアコンサルタントの方にお聞きしました!

Q:正社員がおすすめなのはどんな人?

A:我慢強い方、順応性が高い方などに正社員は向いていると思います。(キャリアコンサルタント)

主婦が正社員として働くには、仕事環境と家庭環境を両立していけるだけの我慢強さが必要になります。

また、会社での仕事内容や人間関係に対する順応性の高さも、正社員として働くためには必要不可欠です。

正社員になるタイミングとしておすすめなのが、子育てがひと段落した時です。子供に手がかからなくなってくると、時間や気持ちに少し余裕が持てますよね。このような余裕があるタイミングで正社員を目指すといいでしょう。

Q:正社員のメリット、デメリットとは?

A:正社員は雇用や収入の安定するのがメリットです。しかし、拘束時間が長いのでそこがデメリットですね。(キャリアコンサルタント)

正社員として働くメリット

・安定した収入
大きなメリットとしては安定した収入が得られることです。子育てには、子供の養育費など多くのお金が必要になります。
その資金を集めるのに有利なのは間違いありません。

・各種手当てを受けられる
住宅手当などの各種手当が受けられる、また、社会保険、厚生年金に加入することもできます。
場合によっては、ボーナスや退職金などを貰える企業もあり、金銭的なメリットは多くあります。

正社員として働くデメリット

次にデメリットをみていきましょう。

・拘束時間が長い
拘束時間が長いほど、子供と過ごす時間が減ってしまったり、家事に充てる時間も少なくなったりするので、上手くやりくりしていく必要があります。

・心身にかかる負担の大きさ
いくら楽しい仕事でも、拘束時間が長いため、精神的にきついことも十分考えられます。それが原因で体調を崩してしまっては元も子もありません。