「在宅ワークって自由そうでいいなあ」と憧れるけれど、「実際どうなの?」と思っているママもいらっしゃいますよね。
「ままのわ」が開催した働くママの悩みや思いを語っていただいた座談会で、在宅ワーク経験者に「在宅ワークって実際どうなの?」と聞いてみました。

在宅ワークって意外と自由じゃない

「在宅ワークと聞くと自由なイメージを持つかもしれませんが、実は結構大変です。」と、在宅ワーク経験者ならではの悩みを教えてくれました。

旦那から暇だと思われている

「家にいるなら家事もできるじゃん」と旦那に言われます。遊んでいるわけじゃないし、仕事で忙しいのに。暇だと思われていて理解してもらえないことが辛いです。

 

基本的に家にいるので自由に時間が使えることはメリットですが、会社員と同じように仕事をしている時間なのに「家にいる=家事も全てこなせる」と思われることは辛いですね。

子どもとの時間は多いが、いいことばかりではない

仕事中も「ママ遊んで」と言われ続けながら子どもとずっと一緒にいることになるので、結構ストレスが溜まります。イライラすることもあるので、もう少し距離があった方がお互いにストレスなく過ごせる気がします。一人の時間も欲しいです。

 

スケジュール管理が難しい

日中は子どもとの時間が優先になるので、深夜に作業をせざるを得ないこともよくあります。

 

小さいお子さんの育児をしながら在宅ワークをされている方は、自分の睡眠時間を削って子どもが眠った後に働いているという方も少なくないようです。在宅ワーク未経験の方からは日中に仕事をしているイメージだったので意外!といった意見もありました。

チームメンバーとの信頼関係構築が難しい

チームで仕事をしているのですが会ったことがないメンバーもいます。対面で仕事をしていないので、疎外感を感じることや下に見られているなと感じることも時々あり、なんだか足元を見られているようで辛いことがあります。子どもが大きくなったら外に出て働きたいと思っています。

 

在宅ワークのメリットは?

在宅ワークならではの悩みもたくさんありますが、心地良さを感じている方もいらっしゃいました。

やっぱり自由さはある

会社員に比べて時間の融通が利くので子どもを送り出した後に友達とランチの予定を入れることもあります。

 

仕事をしながら掃除をするなど、「ながら家事」をしています。

 

子どもがある程度大きくなってから在宅ワークをされている方は育児と仕事のバランスを取りやすいようでした。また、仕事をしながらうまく家事の時間を取り入れることや家事に「完璧を求めない」こともストレスをためない秘訣だそうです。

自分の好きなことや、やりがいを大事にできる

結婚前はイベント関連の仕事をしていて土日がメインの仕事でしたが、結婚後はライフスタイルを考えると辞めざるを得えませんでした。今は趣味のハンドメイドを楽しみながら自宅で仕事をしています。

 

元々書くことが好きだったので出産を機にライターの仕事を始めました。お金よりも「自分がやりたいかどうか」を優先しています。仕事は働きがいや息抜きのためにやっているので。

 

子どもとの時間やひとりの時間の確保ができるなど、メリットも大きい在宅ワーク。実績を積むことで、新たなチャンスを掴んで収入アップにつながったというママもいらっしゃいました。
在宅ワークを始める前は不安がたくさんあるかもしれません。「ままのは」には在宅ワークの経験豊富なママがたくさんいますので、気になることは質問してみてくださいね。


座談会, 在宅ワーク, ワーママ について「ままのわ」で聞いてみよう。