シングルマザーが仕事をする上で注意するべき点とは、どういった事なのでしょうか?

今回はキャリアコンサルタントの方に、話を聞いてみました。

Q:仕事をするうえで注意することは?

A:どういう働き方をするかをまずは決めましょう。また、自分の家庭環境でどれだけ働けるのかを考えることが大切です。

子どもの年齢にもよりますが、働く時間を含めて、1日のタイムスケジュールをどう決めるかなどに注意するといいですね。(キャリアコンサルタント)

子どもが大きくなり、お留守番できる年齢であれば長時間働けるかもしれませんが、まだ子どもが小さいとフルタイムで働きに出ることが難しい場合があります。

また、周囲に協力してくれる人がいるかによっても、働ける環境は変わります。

例えばご自身の代わりに親御さんが保育園のお迎えに行ってくれることは可能かなど、確認するといいでしょう。協力してくれる人がいない場合は、保育園は何時まで子どもを預かってくれるかなどを調べる必要がありそうです。

Q:仕事に向けて、やっておくべき環境整理は?

A:学童保育の利用なども考えたり、ママ友の友達作りやネットワークを広げたりするといいと思います。また、職場の理解を得られるよう、説明をしておくといいですね。(キャリアコンサルタント)

親や親せきなど、仕事中に子どもを預かってもらえるか、代わりに保育園にお迎えに行き、就業までの少しの時間面倒を見てくれるかなど、事前に相談しておくといいかもしれません。

また、病児保育や学童保育など、利用できる制度を調べておくことも大切です。

病児保育とは、子どもが病気にかかってしまい、保育園などに預けることができない期間、保育や看護ケアを行ってくれます。

学童保育は地域によって異なりますが、小学校が終わった放課後から18時くらいまで預かってくれるところが多いようです。

自分だけでなんとかしようと抱え込むのではなく、協力してくれる人や、利用できる制度は利用するようにして、働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

(文・ままのわ編集部)


シングルマザー, 働き方, キャリアコンサルタント, 仕事 について「ままのわ」で聞いてみよう。