子どもを預ける保育園はどのようなところがいいの?と第1子をもつママなら悩むことが多いと思います。

今回は、保育園問題を乗り越えた先輩ママ(東京都在住/2歳男児のママ)に話を伺いました。

Q:保育園を選ぶ時の注意点は?

A:第7希望まで保育園の希望を出すので、どの保育園に入れるかはわからないということです。(先輩ママ)

地域によって希望を出せる園の数や、入りやすさも変わってきます。待機児童を抱えている地域では、必ずしも本命の保育園に入園できるとは限らないのが現状のようです。

Q:注意しておけばよかったなと思うことは?

A:保育園を見学する際、体調を崩して行けないときがありました。代わりに旦那に行ってもらいましたが、元気で余裕のあるときに見学に行くほうがいいと思います。

また、見学は必ず行った方がいいです。どういう先生なのか?といったことや、園の雰囲気、保育園がどんなところを大事にしているかなどをチェックするのが良いと思います。

余裕があれば、事前に質問項目をまとめておくのもいいと思います。(先輩ママ)

保育園によって教育方針や雰囲気はさまざまです。

働いている先生や在園している園児たちが重要なポイントとなるので、見学に行く際はしっかりチェックすることをおすすめします。

施設のセキュリティ面や行われるイベントなど、ご自身が重要だと思うことをリスト化して見学の際に確認するのも良いですね。

Q:いつから入園するといいの?

A:産後半年で保育園に入れました。そのときは一番枠の多い4月0歳で入園することができました。保育園に入れるタイミングは、ママが仕事に復帰したいときがいいと思います。

早いタイミングで預けることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、早く預けることによって、両親以外の人からも愛情を注いでもらえることや褒められることもあるので、子どもにとってもメリットはあると思います。(先輩ママ)

できるだけ早く仕事に復帰したいから、すぐに預けたいというママも、物心つくまでは一緒に過ごしたいママなど、いろいろな方がいらっしゃるかと思います。

子どもが何ヶ月(もしくは何歳)になったら仕事に復帰するかをしっかりと考えて、スケジュールを立てることが大切なようです。

なお、保育園によっては対象の月年齢が異なる場合があります。早めに預けることを計画している場合は、生後何日から預かってもらえるのか、確認を忘れないようにしましょう。

Q:保育園が決まらなかったらどうすればいいの?

A:希望を出した保育園に入園できるかわからなかったので、認証保育園(公立で運営していないところ)に予約をしておきました。

保育所以外にも、保育ママや小規模保育所や東京都のベビーシッター補助制度など、入れなかったときのことも考えて幅広く下調べをしておくといいと思います。(先輩ママ)

もし、希望を出した保育園がすべて決まらなかったら…、そんな事態を想定して、事前に保育に利用できる制度などを調べておくことも必要です。

どのタイミングで保育園に預けたいか、しっかりと計画を立てて行動していきたいですね。

(文・ままのわ編集部)


待機児童, 先輩ママ, 保育園 について「ままのわ」で聞いてみよう。