この時期スーパーで安く、大量に売られている野菜といえばきゅうり。実家から大量に送られてきているという家庭も少なくないでしょう。

しかし、きゅうりはご飯がススムおかずにはなりにくい印象があります。そこで、もっとご飯がススム、おかず感のあるレシピをご紹介しましょう。

大きなサイズにピッタリ「きゅうりの煮物」

特に、大きく育ちすぎてしまったきゅうりが手元にある場合は便利なのがこのレシピ。冬瓜のようにきゅうりを煮込むことによって、ご飯がススムボリュームおかずに変身。それでいて低カロリーなのもGOOD!

【材料】(2人分)

・きゅうり…2本程度
・しょうが…1片
・豚ひき肉…15g
・ごま油…適量

(A)
・顆粒だし…適量
・しょうゆ…大さじ1/2
・みりん…大さじ1/2
・水…200cc程度
・水溶き片栗粉…適量

【作り方】

(1)きゅうりはピーラーなどで皮をむき、縦半分にカットしたら、種の部分をスプーンなどでとり、ひと口大にカット。
(2)鍋にごま油を敷いたら、すりおろしたしょうがをいれ弱火にし、じっくり香りをうつす。香りがうつったら、豚ひき肉を入れて白くなるまで炒める。
(3)(2)に(1)でカットしたきゅうりを投入。そこに、水溶き片栗粉以外の(A)を入れて、きゅうりが透き通るまで煮込む。
(4)きゅうりが透き通ってきたら、水溶き片栗粉を回し入れて加熱し、とろみがつけば完成。

きゅうりに火が通った時点で火を止めて、一度そのまま冷やしながらじっくり味をしみこませると、おかずっぽく食べやすくなります。時間がある時に、大量に作れる常備菜としてもオススメですよ。

超カンタンで大量に!「サラダチキン&きゅうりのサッパリあえ物」

サラダチキンを上手に利用して、忙しいママでも時短で大量に作ることができるおかずレシピです。購入するサラダチキンの味付け次第で、様々な味が楽しめるから飽きが来ません。

【材料】(2人分)

・きゅうり…2本
・サラダチキン…1枚分
・塩…適量

(A)
・しょう油…大さじ2
・お酢…大さじ2
・砂糖…大さじ2
・ごま油…小さじ1

【作り方】

(1)サラダチキンを食べやすいサイズに手でほぐします。
(2)きゅうりはせん切り状にして、ボウルに入れたら塩をふり、もんでなじませておく。しばらくすると水分が出てくるので、キッチンペーパーなどで包んで搾り、水気を切っておく。
(3)別のボウルに(A)を混ぜておく。
(4)(1)と(2)をボウルや容器に入れたら、(3)をかけ、全体的に味がなじむように和えれば完成。

保存容器に大量に作って冷蔵庫に入れておけば、3~4日は食べられるでしょう。メインのおかず利用はもちろんのこと、そうめんの上にのせたり、春巻きの具材にしたりと、アレンジして利用もできる便利レシピです。

ワインにもあうおしゃれな一品「チーズきゅうりベイクド」

たまの息抜きにお酒に合う一品を探している時にも、きゅうりが役に立ちます。身近な素材だけで手軽に作れて、しかもおしゃれだから、ごほうび感も抜群です。

【材料】(2人分)

・きゅうり…2本
・スライスチーズ…1枚
・トマトケチャップ…適量
・塩…適量
・黒コショウ…適量
・オリーブオイル…適量

【作り方】

(1)縦半分にきゅうりをカットしたら、耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジで加熱。500Wで3分程度。
(2)加熱し終わった(1)の上に塩をふりスライスチーズをのせたら、その上にケチャップをかけ、最後に黒コショウを振り、オリーブオイルをひと回し。
(3)今度は(2)をオーブンに入れ、15分程度焼き、チーズが溶けて焦げ目がついたら完成。

ズッキーニの方がおいしいのですが、きゅうりでも近しい食感に仕上がります。パパとの晩酌タイムにも活躍する一品です。水っ気が気になる場合は、真ん中の種の部分をスプーンでとってから調理すると良いでしょう。

きゅうりはお弁当のおかずにもご褒美ディナーにも

水分が多いから、サラダの利用が多くなりがちなきゅうりですが、下処理をきちんとすればいろいろなシーンで大活躍。ただ、水分が多い野菜だから、お弁当の利用にはご注意くださいね。

(文・団子坂ゆみ/考務店)


レシピ について「ままのわ」で聞いてみよう。