夏の暑さにやられ、食欲がなくなっている人はいませんか? そんな時に欠かせない夏の食材といえば、サッパリとした「青じそ」。買ったはいいものの、冷蔵庫でしおれてしまいがちな青じそを使った、夏にピッタリのレシピを5つ紹介します。

4つの材料でカンタン常備菜「青じそのナムル」

まずは、切って和えるだけで立派なおかずになる、「ナムル」のレシピです。

【材料】

・青じそ…10枚
・すりごま…大さじ1
・しょうゆ…大さじ1
・ごま油…適量

【作り方】

(1)千切りにした青じそを水で軽く洗い、水気を切る
(2)1とすりごま、しょうゆを混ぜ、仕上げにごま油を回しかけて完成!

そのままごはんにのせてもよし、肉や魚といったメイン料理の横に添えてもよし、納豆などにちょい足ししてもよし。簡単に作ることができ、使い勝手もバツグン。青じその大量消費もできるので、ぜひ覚えておきたいレシピです。

色んな料理に使える「自家製青じそドレッシング」

2つ目のレシピは、青じその香りをストレートに感じられる「ドレッシング」の作り方を紹介します。

【材料】

・青じそ…20枚
・みりん…100cc
☆しょうゆ…100cc
☆酢…100cc
☆砂糖…大さじ1
☆レモン汁…大さじ2
☆おろししょうが(チューブでも可)…小さじ1

【作り方】

(1)青じそを千切りにする
(2)鍋にみりんを入れて火にかけ、沸騰したら☆の材料と青じその千切りを加え5分ほど煮る
(3)2が冷めたら大葉を取り除き、保存容器に入れて冷やせば完成!

サラダはもちろん、パスタやマリネなどにもピッタリのドレッシング。しょうがやレモン果汁の量を調整すれば、また違った爽やかさを感じられます。

ごはんによく合う「青じその佃煮」

白いごはんによく合う佃煮は、もちろん青じそでも!

【材料】

・青じそ…20~30枚
・しょうゆ…100cc
・砂糖…大さじ2
・かつお節…適量

【作り方】

(1)青じそを水で洗い、水気を切り、手で適当な大きさにちぎる
(2)鍋にしょうゆと砂糖を入れて加熱し、砂糖が溶けたら1を加える
(3)煮汁がなくなるまで弱火で煮る
(4)最後にかつお節を加えてよく混ぜたら完成!

おにぎりの具材にしたり、冷奴にのせたりしてもサッパリおいしい! 均等に切るのではなく、手でちぎることによって大きさにバラつきが出るので、食感も面白いですよ。

ひとつに1枚! 「青じそ餃子」

ここまでは、常備菜やごはんのお供的なレシピを紹介してきましたが、お次は「餃子」のレシピです。

【材料】(20個分)

・餃子の皮…20枚
・青じそ…20枚
・豚ひき肉…100g
・キャベツ…50g
・片栗粉…適量
・塩コショウ…少々
・しょうが(すりおろし)…大さじ1

【作り方】

(1)キャベツをみじん切りにする
(2)ボウルに豚ひき肉とキャベツ、片栗粉、しょうがを入れて混ぜ、塩コショウで軽く下味をつける
(3)餃子の皮1枚に対して青じそ1枚をのせ、青じそ側に2を入れて包み、焼いたら完成!

タレはしょうゆやラー油よりも、ポン酢のほうが相性バツグン。「レモン果汁×粗挽き黒コショウ」もサッパリと食べられるのでおすすめです!

ジェノベーゼ風「青じそチャーハン」

最後は、青じそをたっぷりと使った「チャーハン」のレシピ。青じそが苦手な子どもは多いものですが、これならきっと子どもでも食べやすいはず。

【材料】

・ごはん…お好みの量
・卵…1個
・塩コショウ…少々
・サラダ油…適量

☆青じそ…10枚
☆オリーブオイル…大さじ3
☆にんにく(すりおろし)…小さじ1
☆唐辛子(輪切り)…少々
☆塩コショウ…少々

【作り方】

(1)☆の材料をフードプロセッサーで混ぜる
(2)フライパンにサラダ油をひいて熱し、溶き卵、ごはんを入れる
(3)ごはんと卵がなじんだら1を加え、よく混ぜながら炒める
(4)全体が緑になったら完成!

じつはこのレシピ、チャーハンではなく☆の材料で作ったジェノベーゼ風の青じそのソースがメイン。チャーハンのほか、パスタに和えてもおいしいので、覚えてくと便利です。

工夫次第で無限の使い方

青じそは薬味とか刺身の飾りとか、脇役のイメージが強いですよね。だけど、工夫次第で色んな使い方ができるし、それをマスターすれば忙しいママの味方にもなり得る存在。今年の夏は色んな青じそレシピに挑戦してみてはいかが?

(文・三軒茶屋すみ子/考務店)

レシピ について「ままのわ」で聞いてみよう。