イクメンという言葉もよく聞くようになり、かつてに比べれば、世のなかのパパたちも育児参加に積極的になってきています。

しかし、育児に関してママ同様に何でも手伝ってくれるわけではなく。とりわけ、子どものおむつ替えについて避けているという、ママたちからの報告が寄せられています。

子のおむつ替えを嫌がる夫はかなり多い

そうした声が寄せられているのは、ワーキングマザーのコミュニティ『ままのわ』上のトピックス、“オムツ替え”。
投稿者のよっとさんの夫は、子どもがうんちをしてもママに報告はするものの、自分でオムツ替えはしないのだといいます。

あなたの旦那さんはオムツ替えを率先してやってくれますか?
うちは、全然やってくれません。
特にブーウンチが出たら、出たよ!と報告してきて、子供を渡してきます。
オムツ替えたことないじゃん!と言うと、今まで4~5回は替えたことあるよ!と胸張って言われます。。。
離乳食が始まり、これからが臭くなっていくというのにどうしたら手伝ってもらえるでしょうか。

 

たとえ我が子とはいえ、臭いものを処理することに不快感を覚えるのは、パパだけでなくママだって同じ。また、結局オムツ替えの度に呼び戻されては、ママの育児負担は減りません。

しかし、投稿者のよっとさん同様、子どものおむつ替えを嫌がる夫は少なくないようで、

 

ウンチの時のオムツ替え嫌がりますよね。うちもウンチした時はウンチしてるよ~と言われるだけで替えようとしませんでしたよ…。

 

うちの旦那も積極的になんてやらないですよ!私だってできるもんならやりたくないですし(笑)。私は平日もやってるんだから単純計算であんたの3倍以上はオムツ替えしてる!と主張してやらせています。

 

と、共感する声も。

調査でもクッキリ!おむつ替えを嫌がるパパは多数

パナソニック株式会社エコソリューションズ社が2017年の11月17日に発表した「オムツ替えに関する意識調査 by nioff」の結果によれば、パパ全体の52.0%が、「苦手と感じた経験がある」と回答しており、多くのパパがオムツ替えを苦手としているようです。

パパと子どものふれあいを増やすことがおむつ替え成功へのカギ

しかし、なかにはパパにおむつ替えをやらせることを成功したというママたちの声も上がっています。いったいどのような方法で、やらせることに成功したのでしょう? コメントを見てみると、

うちの場合は、娘なのですがパパ大好きになるように関わらせて育てたので、ウンチが出るとパパに報告、パパがやむなしで交換してます。

 

ウンチしたらあえて替えさせるようにすると全くウンチの時オムツ替えしてくれなかった夫も替えてくれるようになりましたよ♪ 進んではしてくれませんが…。

 

たまに子どもから、オムツ替えパパがいい、と言われるので断れないようです(笑)

 

どうやら、子どもとパパの触れ合いやコミュニケーションを盛んにすると、子どももパパによくなつくようになり、パパも次第に手伝ってくれるようになる…というパターンも多いようです。

しかし、そもそも日中働いているパパは多く、パパと子どもの触れ合う時間を増やしたいと思っても、そうはできない現実も…。あなたのおうちでは、パパは気持ちよくオムツ替えしてくれますか?

(文・団子坂ゆみ/考務店)

育児, 夫婦 について「ままのわ」で聞いてみよう。