テレビ番組でその健康効果について取り上げられたことからブームとなり、いまだに人気が高いサバ缶。まとめ買いでき、保存も効くことからごはん作りの食材として重宝しているママも少なくないのでは?

サバ缶はカレー以外にも使いやすい

すでに味付けされているサバ缶は、そのまま食すこともできますが、いささかそれでは味気ないもの。サバ缶愛好者たちの間では、飽きずに食べられるよう、様々なレシピが発案&情報交換されています。

そんなサバ缶の応用レシピとして、もっとも有名なものがサバ缶カレー。カレーの具材である、豚肉や鶏肉の代わりにサバ缶を利用するというもので、カレーの香辛料がサバの生臭さを打ち消してくれるから、食べやすくなるのがポイント。シーチキンのような感覚で、子どももパクパクいただくことができます。

サバ缶はレシピへの汎用性が高い点も人気の秘密。カレー以外にもおすすめのレシピをご紹介♪

おやつや朝食に!簡単「サバ缶サンドイッチ」

【材料】

・サバ缶(水煮缶)…1缶
・新玉ねぎ…1/2個
・レタス…4枚程度
・マヨネーズ…大さじ4
・しょうゆ…小さじ1
・食パン…8枚

【作り方】

(1)新玉ねぎはスライスし、レタスはちぎってそれぞれ水にさらす。
(2)サバ缶は水気をよく切ったらマヨネーズとしょうゆを合わせておく。これで準備は完成。
(3)パンにバターを塗りその上にレタスを。さらにその上にほぐしたサバの身、新玉ねぎの順ではさみ、最後に(2)のソースをかければ出来上がり!

お弁当にもぴったりなボリュームおかず「サバ缶の竜田揚げ」

【材料】(2人分)

・サバ缶(水煮缶)…1缶
・片栗粉…適量
・サラダ油…適量
・しょうゆ…大さじ2

【作り方】

(1)サバ缶の水気を切ったらビニール袋などに入れ、片栗粉をふってサバの身にまぶす。
(2)フライパンにサラダ油をしいて、(1)の周囲にこんがり色目がつくまで焼く。
(3)きれいに焼き色がついたら、最後にしょうゆを回しかけ、火を止めて完成!

ちょっと気どったランチ&夕食に!「サバ缶の和風パスタ」

【材料】(2人分)

・サバ缶(水煮缶)…1缶
・パスタ…160g程度
・玉ねぎ…1/4程度
・しめじ…50g
・赤唐辛子…1本
・ニンニク…1かけ
・酒…大さじ2
・オリーブオイル…大さじ1

【作り方】

(1)玉ねぎは薄切りにし、しめじはひと口サイズにほぐしておく。
(2)フライパンにオリーブオイルをしいたら、赤唐辛子とニンニクのスライスを弱火でじっくり香りが立つまで加熱し、(1)を加えて炒める。
(3)(2)に水気を切ってほぐしたサバ缶を入れ、酒をふりアルコールを飛ばしておく。
(4)別の鍋でパスタを茹で、程よい硬さまで茹でる。パッケージの加熱時間からマイナス1分程度がちょうどよし!
(5)(4)のパスタに火が通ったら、(3)のフライパンにパスタを投入。この時、パスタの茹で汁も少し加えて、フライパンを良く振りながら全体を和えましょう。よく振ることで乳化が促進されて美味しく仕上がります。最後に塩コショウで適宜味を整えれば完成!

サバ缶は肉の代わりにも

青魚特有のクセがあるから苦手という人もいるかも知れませんが、サバ缶は肉の代わりとしても使いやすい万能な食品。「お腹が減ったからなんか作ってほしい」と子どもに言われたけれど、冷蔵庫の中に何もない! …なんて時にも大活躍。

いざというときのためにストックして、時短に役立てましょう!

(文・団子坂ゆみ/考務店)

レシピ について「ままのわ」で聞いてみよう。