家族のため、育児も仕事も家事も全力! といきたいところだけど、すべて全力ではカラダも心ももちません。特に、仕事が終わった後の家事は、憂鬱ですよね。家事といっても、掃除や洗濯、炊事、後片付けなど色々あるけれど、ワーママにとって一番面倒だと感じる家事は?

「食器洗い」と「洗濯」が面倒な家事の二大勢力!

『ままのわ』にも、家事が億劫だというワーママは大勢いるようで、「働くママにとって、一番億劫に感じる家事は何ですか?」とのトピックスも盛り上がっています。投稿ユーザーがトピックス内で語っている概要は以下の通りです。

(1)ワーママにとって家事は負担になることがあるが、夫はやってくれない
(2)仕事後の家事の中では、特に食器洗いが負担になっている
(3)その理由は、お腹がいっぱいになったらゆっくりしたい気持ちが高まるから

こうした状況を踏まえ、同じくワーママとして日々奮闘している人たちに、「どの家事が一番負担になるか」を聞いていて、この投稿にはたくさんのコメントが寄せられていますが、そのほとんどは「食器洗い」と「洗濯」のどちらかを選んでいます。

ママだって食後くらいはゆっくりしたい!

まずは、食器洗い派の意見を見ていくと、投稿ユーザーと同じく、「食後はゆっくりしたい」という理由に共感するワーママも多い印象。なかには、食後にゆっくりしたい欲が強すぎて(?)「食洗器があっても億劫」なんて声もありました。

また、ほかにはこんな意見も…。

せっかく全部キレイに洗っても私が寝た後も旦那が晩酌してるので、結局朝みると汚れた食器が流しに置いてあり、キーッ…

 

たしかに、一度は終わらせたはずなのに、朝起きたらまた洗い物が置いてあったら、億劫になるのも無理はありませんね。ただでさえなるべく手間をかけずに頑張ろうとしているのに、余計な仕事を増やされては、イライラしてしまうのも納得です。

洗濯派は洗濯物を畳む作業が億劫

では、一方の洗濯派の意見はどうでしょう。

洗濯派の意見で、目立ったのは「洗濯自体は嫌いではない」というもの。どうやら、洗濯機を回したり、干したりすることよりも、洗濯物を畳んでタンスにしまうのが億劫なワーママが多いようです。

着替えはタンスからではなく、干してあるものからとってほしい

 

などの意見はあるものの、具体的に洗濯物を畳むことの何が億劫なのかというコメントはなく、ワーママたちだけがわかる“暗黙の了解”的な何かがあるのかも!?

家電に頼れば楽チン! とは限らない…

家事の手間を省くため、便利な家電に頼るのもひとつの方法ですよね。しかし、家電があるから家事が楽になるという単純な話でもないようです。

食洗器や自動掃除機など、あると便利な家電はさまざまありますが、選び方を間違えると、余計に手間がかかってしまう可能性もあるのだとか。特に、食洗器は失敗談が多いよう。そんなワーママたちの実体験を、簡単にまとめます。

(1)食洗器が小さすぎて、鍋やフライパン、ボウルなどが入らず、結局手洗い
(2)洗浄力が低く、下洗いが必要な場合もしばしば
(3)洗い物の量が多いと、何度も回さなければいけない

食洗器の容量、洗い物の量、洗浄力など、考慮すべきポイントは意外とたくさん。ただ買えばいいというわけではないんですね…。こうした家電類は、どれも高額。買ってから気づくのでは遅いので、購入を検討する際は、焦らず慎重に!

家電に頼って効率化したり、夫婦で話し合って分担したり、思い切ってその日だけは家事をやめたり、億劫な家事へのアプローチはさまざまあります。自分の性格や自分たちのライフスタイルに合わせて、“ちょうどいいやり方”に出会えたらいいですね。

(文・三軒茶屋すみ子/考務店)


家事 について「ままのわ」で聞いてみよう。