家族のカラダのために、日ごろの食事の栄養バランスを考えながら、料理をしているママは多いはず。しかし、食材の食べ合わせ方によっては、食材の良さをダメにしてしまう可能性があることをご存知ですか? そこでここでは、夏野菜で食べ合わせの悪いものをご紹介します。

トマト、きゅうり、枝豆など、夏野菜はおいしいけど注意

旬の夏野菜はとってもおいしくて、サラダやカレー、揚げものなど、いろんな料理に使うことができるから、日ごろから活用しているママは多いことでしょう。でも、食べ合わせを間違えてしまうと、カラダにとっては残念な結果になりかねないので、しっかりチェック!

1.トマト×きゅうり

どちらも夏野菜の定番であるトマトときゅうり。サラダの食材としてピッタリの2つではありますが、実は一緒に食べてしまうと、きゅうりに含まれる酵素のアスコルビナーゼが、トマトに含まれるビタミンCをダメにしてしまいます。とはいえ、これはそのまま食べた場合の話。マヨネーズやドレッシングなど、酢が入ったものをかけて食べると、アスコルビナーゼの働きを抑制することが可能です。

2.ミョウガ×レバー

今の時期、薬味として大活躍するミョウガの苦味物質には、胃腸の働きを抑えてしまう力があります。一方でレバーは、栄養価が高いといわれており、カラダにはうれしい食材のひとつ。でも、ミョウガとレバーを一緒に摂ると、ミョウガの力によってレバーの栄養吸収が低減するそうです。

3.ナス×蕎麦

煮びたしや天ぷら、漬物など、さまざまな料理に使えるナスですが、蕎麦と組み合わせるのはご注意を。ナスにはカラダを冷やす効果があり、蕎麦は胃腸を冷やす食べものです。同時に摂取にすると、カラダを冷やし過ぎてしまい、手足の冷えや下痢などになる可能性も…。どうしても一緒に食べたい場合には、温かい蕎麦にしたり、カラダを温める効果のあるネギなどを、たっぷり使ったりするようにしましょう。

4.枝豆×チーズ

枝豆とチーズを使った天ぷらや春巻き、おにぎりなど、2つの食材はとてもおいしい組み合わせではありますが、栄養摂取の観点では微妙…。枝豆に含まれるフィチン酸の働きによって、チーズに多く含まれているカルシウムの吸収が減少してしまいます。子どもの成長のために、カルシウムを意識するママは多いはず。弁当作りの際などには気を付けてください。

5.スイカ×天ぷら

夕食に天ぷらをつくり、デザートとしてスイカを食べる。夏であればそういったメニューも十分に考えられますよね。しかし、これも場合によっては控えたほうが無難です。天ぷらは油を多く含む料理で、油は体内で消化しづらいもの。一方でスイカには水分が多く含まれています。油を消化するためには胃液が必要になりますが、スイカの水分によって胃液が薄まってしまい、油の消化がさらにしづらくなるといわれているのです。

栄養や消化を考えるなら食材の食べ合わせもチェック

今回ご紹介したように、食べ合わせる食材によっては、カラダに負担がかかったり、食材の良さをダメにしてしまったりするものもあります。家族のカラダのためにも、味だけでなく食べ合わせも考えてみてはいかが?

(文・奈古善晴/考務店)


テクニック, 家事 について「ままのわ」で聞いてみよう。