キッチンまわりや衣類などのガンコな汚れを落とすために、浸けおき洗いをすることがあり、漂白剤を使うことも多いはず。でも、漂白剤には「塩素系」と「酸素系」の2種類があり、最近では「オキシクリーン」と呼ばれる漂白剤を使った“オキシ漬け”も話題。そこでここでは、漂白剤の違いについてご紹介します。

漂白力の強い「塩素系」と柄物にも使える「酸素系」

そもそも漂白剤を大別すると、「酸化型」と「還元型」の2つがあり、一般的によく使われているのは「酸化型」に分類される「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」です。今回は、「酸化型」の「塩素系」と「酸素系」の違いについて確認しましょう。

塩素系漂白剤のメリット

・漂白力が「酸素系」よりも強く、汚れを落としやすい
・殺菌、除菌力が強い
・浴室やトイレなどのカビ取りなどに使用できる

酸素系漂白剤のメリット

・衣類などの繊維を傷めずに漂白できる
・柄物の衣類にも使用できる
・漂白剤のニオイがあまりしない

両者のメリットを比べてみると、「酸素系」よりも「塩素系」のほうが、強力であることがあります。そうなると、「塩素系」を普段から活用すればいいのでは? と思うかもしれませんが、使用する際には注意が必要です。

塩素系漂白剤のデメリット

・柄物の衣類などには使用できない
・繊維を傷める可能性があり、衣類の漂白には適していない
・漂白後に塩素のニオイが残ることがある

酸素系漂白剤のデメリット

・「塩素系」よりも漂白力が弱い

「塩素系」は漂白力が強いがゆえに、衣類などにはあまり適していません。トイレや浴室、キッチンなどの漂白で使用するのが無難でしょう。

一方で「酸素系」は、漂白したものを傷めにくいので、衣類を漂白することもできます。とはいえ、金具が付いたものやシルク、ウールなどのデリケートな素材には使用できないので気を付けてください。

話題の「オキシクリーン」は「酸素系」

ネット上などでも話題になっている「オキシクリーン」は、“「酸素系」なのに”強力に汚れを落とすといわれている漂白剤です。衣類のシミやニオイはもちろん、キッチンまわりの油汚れも乳化させて汚れを浮き上がらせることができます。さらに、浴室の垢などにも効果を発揮するスグレモノ。

ちなみに、オキシ漬けの方法はとても簡単で、オキシクリーンを溶かしたお湯に、キレイにしたいものを漬けおきするだけです。たとえば、浴槽に湯を溜めてオキシクリーンをよく溶かし、そこへ洗面器やシャンプーボトル、イス、シャワーヘッド、子どものおもちゃなどを数時間漬けおき。あとは、ブラシなどで軽くこすれば驚くほど簡単に汚れを落とせますよ。

夏の汚れはオキシ漬けでキレイにしよう

暑くて汗をかきやすい夏は、衣類に皮脂汚れがたくさん付着したり、ベッドシーツや枕カバーもイヤなニオイが付着したりしやすく、通常の洗濯では落とし切れないことも…。そんなときには、オキシ漬けでスッキリ&キレイにしてみてはいかが?

(文・奈古善晴/考務店)


家事 について「ままのわ」で聞いてみよう。