「秋なすは嫁に食わすな」なんてことわざもありますが、夏から秋にかけてはなすがおいしい季節だから食べないのはもったいない! シンプルに焼きなすでもよいですが、せっかくならばひと手間加えたり、定番系を極めたりしたいですよね。簡単でとびきりおいしいなすレシピを5つご紹介します。

なすのガーリックステーキ

まずはなすだけで立派なおかずになるレシピから。にんにくで風味をつけるのがおいしくなるポイントです。ジューシーななすのステーキは、満足度の高い一品になりますよ。

【材料】

・米なす…1個
・にんにく…1片
・しょう油…適量
・バター…適量
・サラダ油…適量

【作り方】

(1)米なすをやや厚めの輪切りにし、断面に網目状の切り込みを入れる
(2)にんにくをスライスする
(3)フライパンにサラダ油をひき、にんにくを入れ香りを立たせる
(4)(3)に米ナスを入れて、両面に焼き色をつける
(5)さらにバターとしょう油を加えてこんがり焼く
(6)皿に米なすを盛りつけ、にんにくをトッピングしたら完成

米なすを焼いている最中ににんにくが焦げてしまいそうだったら取り除いでください。また、なすは油をよく吸収するので、油が途中で足りなくなったら足してくださいね。

定番のなすの煮びたしの作り方をおさらい!

続いてのレシピは、なす料理の定番である煮びたしです。普段なすの煮びたしを作っても味がぼやけてしまう方は、作り方をおさらいしましょう。

【材料】

・なす…2本
・ごま油…適量
★だし汁…1カップ
★酒…大さじ1
★しょう油…大さじ1
★砂糖…小さじ2

【作り方】

(1)ボウルなどに★の材料をすべて入れて混ぜ合わせる
(2)ヘタを取ったなすを縦半分に切り、さらに2等分して食べやすい大きさにしたら、皮に格子状の切り込みを入れる
(3)鍋にごま油をひき、なすに焼き色をつける
(4)鍋に(1)の調味料を加えて、弱火で10分ほど煮る
(5)器になすを盛りつけたら完成

とてもシンプルな味付けですが、ごま油の風味が効いたおいしさです。大人向けに作るときは、(3)の工程で輪切りの唐辛子を加えるとピリ辛になりますよ。

コクがたまらない! なすと豚肉の味噌炒め

がっつり系の味わいで、ご飯に合うおかずを作りたいときには、味噌炒めがおすすめです。

【材料】

・なす…3本
・豚こま肉…200g
・ネギ…1本
・サラダ油…適量
・片栗粉…適量
★味噌…大さじ2
★砂糖…大さじ2
★酒…大さじ1

【作り方】

(1)ヘタを取ったなすを乱切りにし、ネギは斜め切り、豚こま肉は食べやすい大きさに切る
(2)ボウルに★の材料をすべて入れて混ぜ合わせる
(3)フライパンにサラダ油をひき、片栗粉をまぶした豚こま肉を焼いて、軽く火が通ったら取り出す
(4)(3)のフライパンでなすとネギを炒め、火が通ったら豚こま肉を戻し、(2)の調味料を加えてさらに炒める
(5)皿に盛りつけたら完成

フライパンに調味料を入れたら弱火で炒めてください。また、材料は一例なので、しめじなどのお好みの材料を使ってもおいしく仕上がります。味噌のコクでご飯がススムおかずだから、食べ過ぎにはご注意を。

意外と簡単! なすとじゃがいものグラタン

洋食がお好みの方にはグラタンレシピがおすすめです。ただし、ソースをイチから作るのは時間がかかるため、缶詰を活用して時短しましょう。

【材料】

・なす…3本
・じゃがいも…3個
・ミートソース缶…1缶
・ピザ用チーズ…お好みの分量
・オリーブオイル…適量

【作り方】

(1)ヘタを取ったなすと、皮をむいたじゃがいもを輪切りにする
(2)じゃがいもを耐熱皿に並べてラップをかけ、電子レンジで加熱して火を通す
(3)フライパンにオリーブオイルをひき、なすを炒める
(4)(3)にじゃがいもとミートソース缶を加えて、弱火で5分程度煮込む
(5)深めの耐熱容器に(4)を入れて、ピザ用チーズをかける
(6)(5)をオーブントースターに入れ、ピザ用チーズに焦げ目がつくまで焼いたら完成

手軽さを意識した同レシピは、調味料も一切不要。誰でも簡単に作れます。じゃがいもを電子レンジで加熱する時間は5~7分を目安にして、爪楊枝などがじゃがいもにすっと刺さる程度まで加熱してください。

いくらでも食べられる! 無限なす

最後のレシピは近年話題になっている「無限」レシピ。ご家庭にあるような材料だけで作れるのが嬉しいポイントです。

【材料】

・なす…2本
・ツナ缶…1缶
・白ごま…適量
・ごま油…適量
・鶏ガラスープの素…小さじ2
・ブラックペッパー…少々

【作り方】

(1)ヘタを取ったなすを縦に細切りにする
(2)フライパンにごま油をひき、なすを炒める
(3)フライパンにツナ缶をオイルごと加えて、鶏ガラスープの素、ブラックペッパーも入れたらさらに炒める
(4)なすがしんなりするまで炒めたら、器に盛りつけ、白ごまをふって完成

温かいままでも冷やしてもおいしく食べられるおかずです。パパの晩酌のおつまみにもちょうどいいので、覚えておくと便利!

和食にも洋食にも使えるなす

今回ご紹介した通り、なすは和食にも洋食にも使えて、メインのおかずにも箸休めにもなる万能野菜。いろんなレシピを覚えて、なすのレパートリーを増やしましょう!

(文・奈古善晴/考務店)


レシピ について「ままのわ」で聞いてみよう。