手軽に使えるジューサーやブレンダーが増えたので、スムージーを作っているワーママも多いのでは? 野菜やフルーツを手軽に摂れるようになり、カラダにも嬉しいものではありますが、失敗すると「おいしくない!」ということに…。そこで、野菜とフルーツの分量に注目しました!

スムージー初心者はフルーツ多め

お好みの野菜やフルーツ、水をジューサーなどに入れて攪拌するだけで作れるスムージーですが、失敗すると野菜の青臭さが残ってしまったり、口あたりが悪かったりして、美味しく飲めるものではなくなってしまいます。

カラダのことを考えると、野菜をメインにしてフルーツで飲みやすくしようと考えがちですが、これはスムージー中級者以上向けの作り方です。

スムージー生活を始めたばかりの初心者さんなら、フルーツを多めに使いましょう。それぞれの分量割合は、野菜3~4割、フルーツ6~7割を目安にすると、フルーティーでおいしいスムージーに仕上がりやすくなりますよ。

グリーンスムージーを作るなら野菜1種類、フルーツ3種類

ひと口にスムージーといっても、「グリーンスムージー」や「フルーツスムージー」のように種類があります。カラダのためにとグリーンスムージーを作るケースが多いと思いますが、何種類の食材を使えばいいのか悩んだことはありませんか?

実は使用する食材の数にも“お決まり”があります。一般的には、ベースとなるほうれん草のような葉野菜1種類と、フルーツを2~3種類が飲みやすいといわれているのです。フルーツは、バナナ、リンゴ、キウイフルーツを入れると味がまとまりやすくなるでおすすめです。

甘酸っぱい柑橘系がお好みであれば、グレープフルーツやオレンジなどを使用してもOK。酸味のあるさっぱりとしたスムージーになりますよ。

また、グリーンスムージーは、野菜とフルーツ、水で作るのが一般的ではありますが、もしも飲みにくいと感じるなら、水の代わりに牛乳や豆乳、ヨーグルトを使ってみるのもひとつの方法です。使用する食材にもよりますが、牛乳などのミルクを使うことで飲みやすくなりますよ。

自分だけのオリジナルスムージーを作ろう

基本のグリーンスムージーには、使用する材料は野菜とフルーツと水が定番ですが、フルーツとバニラアイスで手作りシェイクなんていかがでしょうか? 甘みが足りないときはハチミツを加えてもOK。いろいろ試して自分だけのスムージーを作りましょう!

(文・奈古善晴/考務店)


レシピ, テクニック について「ままのわ」で聞いてみよう。