「日本ではiPhoneを使っている人が多い」という話はよく耳にしますよね。実際に、ワーママのなかにもiPhoneを活用している人も多いはず。さまざまな便利機能が用意されていますが、その便利さゆえに問題が起こっていることをご存知でしょうか?

見ず知らずの相手から突然画像が送られてくる

その問題とは、“AirDrop痴漢”といわれる行為です。元々はTwitter上で話題になった出来事で、iPhoneの機能のひとつである「AirDrop」を使って、突然自分とはまったくかかわりのない気持ち悪い画像を送り付けてくる行為をいいます。

現在もTwitter上では「AirDrop痴漢に遭った」などといった声が見受けられ、iPhone利用者にとっては身近な問題といえるでしょう。

AirDropを「すべての人」にはしない

そもそもAirDropとは、iPhoneやMacなどの間で、画像や動画、URLなどを共有するための機能です。使用方法はとても簡単で、たとえば画像を送るなら送りたい画像を選び、AirDropの場所に表示された端末を選択するだけ。そうすると、送った相手側の端末に画像が表示され、共有を「辞退」または「受け入れる」ことができるようになります。

つまり、まったく知らない相手であっても、意図的に画像を送りつけることが可能というわけ。AirDrop痴漢は、電車内などでこの機能を利用して、相手に不愉快な画像を送りつけ、受け取った相手の戸惑う姿を見て楽しんでいるといわれています。

回避するためには、AirDrop痴漢をしようとしている相手の端末に、自分の端末が表示されないようにすればOKです。もっとも確実な方法は、AirDropの機能をOFFにすること。最新のiOSがインストールされているiPhoneであれば、iPhoneの画面を下から上にスワイプして「コントロールセンター」を表示させ、Wi-FiやBluetoothなどがあるボックス中央を強めに押します。すると、AirDropのアイコンが表示されるのでタップ。「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」を選べるのは、普段は「受信しない」を選び、いかなる場合でもAirDropを受け入れないようにしておくと安心です。

ちなみに、iPhoneのデバイス名を本名にしたままで、AirDropを「すべての人」にしておくと、AirDrop痴漢をしようとしている相手の端末に、自分のデバイス名(本名)が表示され、簡単に個人情報を渡すことになります。可能であれば、AirDropを「受信しない」にしつつ、デバイス名も本名ではないものに変更しておくことがおすすめです。

デバイス名の変更は、「設定」→「一般」→「情報」→「名前」をタップすることで変更でき、“身バレ”しない名前にしてください。

普段AirDropを使っていない人も確認を

ワーママのなかには「私はAirDropを使っていないから大丈夫」と考える方もいると思いますが、なんらかの誤操作でAirDropが「すべての人」になっている可能性もあります。普段使っていなくても、今一度自分のiPhoneの設定を確認して、AirDrop痴漢に遭わないようにしましょう。

(文・奈古善晴/考務店)

テクニック について「ままのわ」で聞いてみよう。