社交的な人は多くの友達に囲まれママ友も多い傾向にあります。一方で逆のタイプのママは、子供のために頑張ってママ友を作ったほうがいいのか悩む方も少なくないようです。「ままのわ」に寄せられた声を元に、親としてどう振舞うといいのか考えてみます。

親が社交性ゼロ・・子供の人間関係にも影響はあるか?

休日も一緒に過ごすママ友グループを見るのがつらい

ママ友は少なくていいと思っていても、保育園に通う子供が「昨日、AちゃんとBちゃん、一緒に公園に行って遊んだんだって。いいな~」なんて言われると、胸がザワザワするもの。子供を大切に思うがゆえ、私も頑張ってママ友を作ったほうがいいんじゃないかと思うのも当然です。特に子供が小さいうちは、子供だけで約束をして遊ぶのは難しいですからね。

子供が小学校にあがると、子供だけで遊ぶようになります。筆者の子供は、意識していたのかどうかは分かりませんが、低学年のうちは特に、放課後や休日は親同士が知っている友達と遊ぶケースが大半でした。「次の休みにお泊り会しよう」とママ友から声をかけてもらう機会も多かったです。でも、高学年になると、子供同士だけの付き合いが増えました。

積極的にママ友を作ったほうがいい?

前述したようにママ友がいると、良い面があるのも事実。一方で「ままのわ」に投稿されたコメントを見ると、ママ友は人数じゃないという声が大多数です。また親の社交性と子供の人間関係については、兄弟でも子供によってタイプが違ったり、親とは真逆だったり、親と同じだったり、必ずしも相関関係はないようでした。

「ママ友」に限らず、「友達」の数に、多いも少ないも正解も不正解もないと思います。数だけで中身のない人間関係を広げたところで、何か実になるのか、疑問に思う人だって居るでしょうし。。少なくても確実な人間関係を築けるのであれば、そっちの方が有意義かもしれませんし。大人の余計な人間関係で、子どもが振り回される方がかわいそうですね。

 

実際、筆者の周りでも、親同士の仲が悪くなり、子供たちの関係にも影響し、あまり遊ばなくなったという話を聞きました。子供が絡む分、難しさがあるのも事実です。そのうえで、ママ友も人間関係の一つですから、頑張って仲良くするというよりも、話をするうちに関係が深まっていき、気が合う人が残るという形が理想なのかもしれませんね。

無理をしてママ友を作ることの子供への弊害も

筆者が「ままのわ」のやり取りの中で、一番感銘を受けたのが、無理をしてでもママ友を作る親の姿勢そのものが、子供に影響するという考え方でした。

『子どもも無理して友達を作ろうとする』
この言葉が響きましたね。
これは避けてあげたいですね。

 

子供はママ友の数という結果だけを見ているのではなく、過程そのものを見て、人間関係の作り方を学んでいるのでしょう。そう考えると、親は自然体でいるのが一番なのかもしれませんね。

肩の力を抜き、自然に任せる

筆者は、社交的ではないと思っています。それでも長女のときは、保育園に通う前から地域のサークルに参加するなど、頑張っていました。でも、その頑張りも長続きせず……。サークル関係の友達はその場限りでした。そして、いつの頃からかママ友に関しては、自然の流れに身を任せています。それでも次女、三女にかかわるママ友もでき、仲良くしています。幸い、子供たちもそれぞれに友達ができ、楽しい学校生活、保育園生活を送っているようです。筆者は、「自然体」がいいように思いますが、あなたはどのように考えますか?

(文・奥地美涼)

引用は以下より
「子どものためにもママ友は多い方がいい」は正解か?

ママ友, 保育園 について「ままのわ」で聞いてみよう。