家事を手伝うのではなく、当たり前のように積極的に家事をする夫。食事の支度、洗濯まで何でもやってくれるので、私としては本当にありがたいです。一つ気を付けているのは、やり方に不満があっても、そこは何も言わずに感謝の気持ちだけを伝えています。

夫の家事を「手伝う」から「当たり前」にするには結局 ”ほめ殺し” しかない

「手伝う」というスタンス

そもそも、「イクメン」などという言葉自体、なんだそれ?と思いませんか。パートや正社員、派遣社員などを含めると、出産後も仕事を続ける人が圧倒的に多くなっています。共働きが当り前になっているのにも関わらず、家事をするのは女性ばかりでは、それこそ本末転倒です。

一緒に暮らしているのですから、手伝うのではなく、当り前のように食事の支度をして、洗濯物を取り込み、掃除をする。そういう気持ちを2人とも持てたら、お互いにとても楽になるように思います。

「家事を手伝う夫」から「日常的に家事をする夫」になってもらうためには、女性側も「当然」から「感謝」に気持ちを変える必要があるかもしれません。

育児も家事も分担しないで、できるほうがやる

洗い物は夫、食事の支度は妻、なんて分担を決めるのは止めておきましょう。妻の方が仕事から帰ってくるのが遅かったりすると分担どおりに事は運びません。基本は「できるほうができることをやる」のがベスト。それほど料理が上手くない男性でも、最近はおいしいレトルト食品がたくさん発売されているので、何かしらの料理くらいは作れるはず。「マーボー豆腐の素」とひき肉、豆腐さえあれば、十分おいしい中華が完成します。簡単に作れそうな食材をストックしておいて、夫がおかずを作れる準備だけしておきます。

仕事から疲れて帰ってきたときに、「夕飯、麻婆豆腐だけど食べる?」なんて言ってもらえたら、自然と「ありがとう~」という言葉が出てきます。味がどうとか、油が飛び散ってキッチンがベタベタになっているとか、とりあえずは目をつぶること。文句を言いたい気持ちはやまやまですが、私は「おいしい!また作って」と全面的に感謝することにしています。

洗濯物の畳み方、みんな違ってみんないい?

例えば、洗濯物の干し方、畳み方など、各家庭によって違いますよね。もう何年も夫と一緒に暮らしていますが、いまだに靴下やTシャツの畳み方は違います。我が家は、整然と整頓されたクローゼットではないので、多少畳み方が違っても気にしません。

台所仕事も「夫がキッチンを使うと散らかってあとが大変なので、自分でやるほうがストレスがない」という人がいます。でも、私は料理を作ってくれたり、洗い物をしてくれたりするほうが助かるので、あまり何も言いません。元々、大雑把な性格なので、気にならないのかもしれませんが、せっかく「これを片付けておいたら、助かるはず」という気持ちを、わざわざ逆なですることもないかな、と思うのです。

小さなことでも感謝の気持ちは忘れずに

ちょっとがんばってご馳走を作ったのに、家族が何も言わずに食べたら「手の込んだ料理を作ったのに何も言ってくれない」と思ってしまうこともあるでしょう。感謝してもらいたいと思って、家事をしているわけではありませんが、「ありがとう」「おいしかった」と言ってもらえたら誰だっていい気持ちになるものです。

やり方が気に入らない場合でも、まずは多少大げさかなと思うくらい「今日は洗濯物を干してくれてサンキュ」という気持ちを伝えましょう。その上で、「干す時にパンパンたたいたら、畳むのが楽ちん」というプチ情報を伝えてみると、素直に聞いてくれるかもしれません。

言葉に出してこそ伝わる気持ち

共働きの夫婦なら、仕事で疲れて帰ってくるのはどちらも同じ。家事をするのは当たり前でも、感謝の言葉を口に出さないと、「ありがとう」の気持ちはなかなか伝わりません。気分よく家族が暮らせるように、言葉にすることを忘れないようにしたいものです。

(文・上野典子)


家事, 夫婦 について「ままのわ」で聞いてみよう。