子どもと公園へ行くと、歳の近い親子と出会う機会も増えるものです。ママ友が欲しいけれど、社交的じゃないのでなかなか話しかけられず、寂しい思いをしている…。
そんな悩みを解決するために、どうしたらママ友の輪に入れるのか一緒に考えてみませんか。

どうしたらママ友の輪に入れるの?社交的じゃない私の考え方

ママ友の存在とは

子育てしていると、子どもを通じていろいろな人と知り合います。公園や幼稚園、保育園などで知り合うママ友も育児中ならではの人間関係といえるでしょう。

結婚や妊娠出産を経験する前の友人とは異なり、育児の情報交換や悩みを相談できるママ友は、信頼できると感じるママが多いようです。中には育児の悩み相談に関しては旦那さんよりも頼りになると考えているママも。

それまでの友人関係とは違い、育児をする上で心強い存在となるのが、ママ友なのかもしれません。

ママ友はどうしたらつくれるの?

「友達が少ない方だけど、ママ友が欲しい」という相談に対して、「ままのわ」に先輩ママのコメントが幾つか寄せられました。具体的なアドバイスとして、

“児童館や支援センター等行ってみると同じくらいのお子さんいる方とお話出来たりしますよ”

という意見がありました。何度も通ううちに子ども同士が仲良く遊ぶようになり、ママ達も自然に話せるようになった人も多いようです。

幼稚園でママ友ができる可能性も

また、そこで知り合った子どもの月齢や歳が近ければ、幼稚園、小学校に入ってからもママさんとお付き合いが続く可能性も考えられます。

子ども同士が遊び始めたら、ママ友づくりのチャンスがつかめるかもしれませんよ。

無理をしてまでママ友は必要?

自分の思いとは裏腹に「ママ友づくり」が進まないとき、仲良く話すママ達を見て疎外感を感じてしまう、ママ友づくりがストレスになってしまうなどの話もよく聞きます。

ママ友を必死につくろうと思う方の多くは、自分がママ友と上手につきあわなければ、子どもが孤立してしまうからと考えてしまいがちです。
結果的に余計なストレスを溜めこんで、自分で自分を追いつめてしまうという負のスパイラルに陥ります。

ですが、そこまで無理をしてママ友をつくる必要があるのでしょうか。
「ままのわ」の先輩ママのコメントで、こんな意見がありました。

“友達て言うのは自然にできるもので無理に作ることはないと思います“

ほかにも「ママ友がいなくてもひとりで大丈夫」という心強いコメントも寄せられていました。

ママ友に依存しないのが大切

ママ友がいなくても、子育てはできるものです。深刻にママ友づくりに悩んでいるなら「子どもが〇○をできるようになった」など、子どもともに成長をよろこんで、家族と過ごす時間を大切にしてみてはいかがでしょうか。

もし、寂しい気持ちになるなら、育児でその心を満たすのではなく、自分の趣味を楽しんだり、好きなお茶を飲んだり、マッサージしたりと、少しの時間を見つけてゆっくりと過ごしてみましょう。

ママ友は必要かもしれませんが、自分自身を満たしてあげることがなによりも大切です。

(文・スピカ)


ママ友 について「ままのわ」で聞いてみよう。