子どもが小さいうちはママ友同士のつながりが深くなりがちです。育児や家事など、日常の悩みをあれこれ話せる一方、必要以上にママ友に気を使って疲れてしまうことも。ストレスを溜めないために、ママ友同士の上手なお付き合いの方法を考えてみませんか。

ママ友トラブルとは

公園デビューや保育園、幼稚園入園、小学校入学と子どもがすくすく成長していくうえで、ほかのママ達とのつきあいが必然的に発生していきます。

子どもの歳が近いことから、ママ友は育児の情報交換や悩みを共有できる心強い存在である一方、ママ同士の人間関係がうまくいかないと、深刻なトラブルになるケースも多いようです。

ママ友同士は行動エリアが近くなるため、プライベートの情報もすぐ察知されてしまいがち。また、ママ達のグループの中でひとりだけ違う意見を言ったり、別行動したりするなど空気を読まないと、無視されてしまうこともあります。

ままのわでも「ママ友に突然冷たくされたら?」という相談に対して、こんなコメントが寄せられていました。

実は私も、子どもの習い事で仲良くしていたママ友さんがいましたが、突然冷たくされました。

 

コメントされた方は身に覚えがなく、相手の態度にショックを受けて落ち込んだようです。ほかにも「明日は我が身」、「自分も今まで話していたのに疎遠になった」など、身近な問題として受け止めるママが多いのが印象的でした。

ママ友トラブルは深刻

ママ友トラブルのきっかけはさまざまです。上記のようにママ達の間で空気を読まない、読めないと思われてしまうことや、子ども同士のけんかが、親同士の関係に影響を与える場合もあります。

また、立派な家に住んでいる、ブランドものを持っている…といった、羨ましがられる要素を持っていると、その人自身に問題はなくてもほかのママ達から妬まれてトラブルに発展する可能性も。

ママ友トラブルを安易に考えていると、深刻な事態を招いてしまうことも考えられます。気持ちが疲れるけど、自分だけ我慢すれば何とかなると考えている内に、外へ出られなくなり引きこもってしまうこともあるのです。

ママ友トラブルはさらに深刻な事態を招くからこそ、普段から注意が必要と言えるでしょう。

ママ友トラブルにならないために

ママ友トラブルを未然に防ぐために、普段からママ友との付き合いを考えましょう。ママ友の付き合い方のルールを心得ておけば、気持ちが楽になり、トラブルにも巻き込まれにくくなります。

プライベートはあまり詮索しない

いくら親しい間柄でも家庭や仕事のことなど、プライベートなことをあれこれ聞かれると嫌な気持ちになるものです。相手が自分から話すまでは余計な詮索をしないようにしましょう。

程度な距離感を持つ

ママ友同士の付き合いで大切なのはお互いが無理のない距離感でいること。深い関係性を築くのではなく、自然な気持ちで関わり合うようにしましょう。

悪口は言わないようにする

ママ友同士の会話の中で悪口が出ると、どう反応してよいか困ってしまいますよね。一緒になって悪口を言ってしまうと、どこでどのように広まってしまうか分かりません。できるだけ加わらないようにするのが得策です。

誰しもママ友トラブルになる可能性があります。ママ友同士の関係を優先過ぎないよう、嫌だと感じることは無理に関わらないようにしましょう。

(文・スピカ)


いじめ, ママ友 について「ままのわ」で聞いてみよう。