Q1
養育費に含まれるのは何?

A1
養育費には、食費や被服費といった生活費と、習い事や学費などの教育費が全て含まれています。

Q2
何を目安に決めるの?

A2
家庭裁判所の調停や裁判では、「算定表」という表を利用することがほとんどです。

算定表(最高裁HPより)
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf

ただ、算定表は、あくまで目安であり、私立の学校に通うお子さんの学費などは想定されていません。

大切なのは、お子さんの現在の生活を基本にして、生活の質を維持するためにはいくら必要かを考えることです。

Q3
何歳までもらえるの?

A3
18歳まで、20歳まで、22歳までの3つのパターンがあります。

もうすぐ成人年齢が変更されることを見越して、18歳にするパターン、オーソドックスに20歳にするパターン、大学進学を想定して22歳とするパターンなどです。

印象的には、18歳とすることは少なく、20歳もしくは22歳で決めているように思います。

Q4
夫とは縁を切りたいので養育費も辞退できますか

A4
もちろん、受け取らない自由はあなたにあります。しかし、お子さんにとって、養育費はお金以上の意味を持ちます。

「離れていても気に掛けてくれている。」、「ずっと大切に思ってくれている」と思えることで、親の離婚というショッキングな出来事から立ち直ることができます。

Q5
口約束でもいいですか?

A5
口約束は、約束していないのと同じだと思ってください。

離婚協議書を作成したとしても、まだ十分ではありません。養育費を決めたら、強制執行が可能な公正証書にしておきましょう。

Q6
夫が話合いに応じてくれなかったら?

A6
夫婦で穏やかに話し合いができれば一番ですが、離婚しようとしているわけですから、なかなか難しかったりします。

そんな場合は以下の選択肢があります。

  1. 家庭裁判所に「養育費の請求」の調停を申し立てる
    弁護士に依頼せず、自分で調停をすれば、費用的にはお安く済みます。
  2. 弁護士に依頼する
    あなたのために戦ってくれます。ただ、費用も高額なので、養育費の円滑な支払いが見込めない場合など、弁護士費用の方が高くついたりします。弁護士に依頼することで、対立構造が増してしまうこともあります。
  3. 民間の仲裁機関(ADR機関)に依頼する
    あまり知られていませんが、法務大臣の認証を取得した、専門性のある民間機関に仲裁してもらうこともできます。費用的にもお安く、また家庭裁判所の調停ほど時間もかからず問題解決が可能というメリットがあります。

Q7
支払い続けてもらうための工夫は?

A7
養育費の支払い率が3割を切っている日本において、子どもが成人するまで養育費をもらいきるというのは、簡単ではありません。

例えば、以下のような工夫で、未払いを防ぐことができます。

  1. 養育費の振込先口座を子ども名義にしたり、学費を直接学校に振り込んでもらうようにする→子どものための養育費だということを認識してもらう
  2. 自動引き落としの手続きをしてもらう→意図していなくても、うっかり支払いを忘れてしまうこともあります。
  3. 「いつもありがとう」、「今月は〇〇に使わせてもらいました」などのメールを送る→気持ちよく支払ってもらうことが何より大切です。感謝の気持ちを伝えましょう。
  4. 子どもとの面会交流を中断させない→子どもに定期的に会っていれば、自ずと養育費を支払おうという気持ちになります。

Q8
一旦決めた金額は変更できるの?

A8
お互いの収入が大きく増減したり、子ども側の事情が変わったときなどは、一度決めた養育費を再度決め直すことができます。

Q9
再婚したら、もう元夫から養育費はもらえないの?

A9
再婚相手と子どもが養子縁組をした場合、第一義的な扶養義務者は元夫から現夫に変わります。

再婚した場合は、遅滞なく通知し、養育費の支払いをストップしてもらうようにしましょう。後から発覚すると、争いのもとになってしまいます。

Q10
養育費の保険があるって本当?

A10
養育費の支払いが滞った場合、相手に催促してくれたり、1年間は養育費の保障してくれる保険があります。「養育費 保険」などと検索してみると出てきます。

まとめ

養育費は、お子さんの生活の糧となるものです。「一円でも多く」もしくは「一円でも少なく」と主張し合うのではなく、お子さん目線でよりよい解決を目指していただければと思います。
 

専門家:小泉 道子■専門家プロフィール:小泉 道子
離婚テラス(相談機関)」及び「 家族のためのADRセンター(法務省認証機関)」代表。家裁勤務経験をいかし、悩めるご夫婦の仲裁役として奮闘中です。


離婚のスペシャリスト, 離婚 について「ままのわ」で聞いてみよう。