モラハラ夫にはどのような特徴があるのでしょうか?あなたの夫は、もしかするとモラハラ夫かもしれませんよ。今回はモラハラ夫が起こしやすい行動や、被害者になりやすい人の特徴などを詳しく紹介していきます。

あなたの夫は大丈夫?モラハラ夫の特徴。行動チェックリスト

そもそも「モラハラ」ってなに?

言葉は聞いたことはあるけれど、具体的に「モラハラ」とはどのような行為なのか、詳しく知らないという人も少なくないのではないでしょうか。

モラハラとは「モラルハラスメント」の略称で、モラル(道徳)による嫌がらせや暴言などの精神的ないじめのことをいいます。殴ったり蹴ったりなどの肉体的暴力ではなく、罵声や嫌味、高圧的な態度などで相手に精神的暴力を行うことが特徴です。

また、モラハラは被害を受けた側が「怒られる自分が悪いんだ」「こんなことを言われる自分はダメな人間だ」と思い込み、自分自身を責めてしまうケースが多く、被害者にも関わらず自分で自分を精神的に追いこんでしまう場合が多いのも特徴です。

パワハラと違い肉体的暴力を受けない分第三者に気づかれにくく、自分でも被害者になってしまっていることに気づきにくいモラハラ。非常に悪質な行為ですが、他人からではなく家族から被害を受けている人も多いのが現状です。

モラハラ夫の特徴は?行動チェックリスト

家庭内でも起こってしまうモラハラ問題。夫からモラハラ被害を受けているという女性も少なくありません。

では、どのような行動がモラハラと言われる行動にあたるのでしょうか?
以下の行動、言動に当てはまる夫には注意してください。

  • 育児、家事を全否定する
  • 人前で馬鹿にする
  • 見下したような態度、言動をする
  • 失敗を責め続ける
  • イライラするとすぐに暴言を吐いたり、物にあたったりする
  • 自分から謝らない、非を認めない
  • 束縛が激しく、妻の外出を認めない

全て当てはまる人はそれほど多くないかもしれませんが、いくつか当てはまる人もいるのではないでしょうか。このような行動を起こす夫には注意が必要です。

紹介した例はほんの一部で、ほかにもモラハラ行動はたくさんあります。「精神的に苦痛だ」と感じる行動はモラハラなので、身に覚えがある人は1度思い返してみましょう。

モラハラ被害を受けやすい人の特徴とは

悪質なモラハラですが、被害者の態度や言動がモラハラ夫を調子に乗らせてしまっている可能性もあります。
モラハラ夫の被害者になりやすい妻には、どのような特徴があるのでしょうか。

1. 他人に優しすぎる、思いやりがありすぎる

常に他人を優先し、人を思いやりすぎてしまう優しい人は、残念ながらモラハラ夫を調子に乗らせてしまう場合があります。モラハラ夫は常に妻より自分の方が権力があり、立場が上だと思い込んでいるため、妻の優しさも「自分が優先されて当然だ」と考え、なんのありがたみも感じていない可能性があります。

2. 夫に従順、尽くし過ぎる

モラハラをする人の多くは、自分より弱い立場の人間にしかモラハラ行為を行いません。そのため、夫に従順でよく尽くす妻に対しては気持ちが大きくなり、どんどん調子に乗りモラハラ行為が加速しやすくなってしまう傾向があります。

3. 我慢強い

「言い返すと倍返しされる」と思い、モラハラ夫の暴言や態度を我慢してしまう妻はモラハラ夫を調子に乗らせてしまいます。妻が何も言い返してこないのを良いことに、暴言や嫌味はどんどん加速していきます。

良かれと思ってしている行動が、実はモラハラ夫を悪化させてしまっているのかもしれません。相手の事より、まずは自分を大切にしましょう。

モラハラは改善しない?対策法はある?

では、モラハラが改善する可能性はあるのでしょうか?

答えは、ほとんどの場合がNOです。

病名はありませんが、モラハラは1種の精神病だとされています。育ってきた環境や両親の影響で、モラハラ加害者になってしまうケースが多いと言われています。
言葉による精神的暴力がいけない事という認識が薄く、高圧的な態度や言動が身に染みついてしまっているため、改善することが非常に難しく、「こうすれば治る」といった方法がないのが現状だとされています。

それ故に、残念ながら有力な対策法はありません。心身ともに限界を感じてしまった場合は、離婚という道も考えなくてはなりません。

モラハラ夫と離婚するためにやるべきことは

モラハラはDVのような暴力による外傷がなく、第三者が見てわかるような証拠がありません。そのため、自ら証拠を集めておく必要があります。

有力なものとして

  • 夫から受けたモラハラ行為を記録した日記やメモ
  • 浴びせられた暴言を録音したもの
  • 物に当たる様子など、モラハラ態度を録画したもの
  • 夫に改善を要求した手紙、メール

などがあげられます。
また、知人や友人に供述書を書いてもらうという手段もあります。友人に話した内容なども、細かく記録しておくとよいでしょう。メールやLINEの場合は、日付が確認できる画面を保存しておくことをオススメします。

モラハラは1人で悩まず、誰かに相談しよう

モラハラは被害を受けても物的証拠が残らず、第三者から発見されにくい非常に悪質で恐ろしい行為です。とくに家庭内でのモラハラは表面化されづらく、どんどん過激化してしまう恐れがあります。自分は被害者かもと思った場合は1人で悩まず、知人や友人、地域の婦人相談所などを頼り、必ず誰かに助けを求めましょう。モラハラが完全に改善する可能性は極めて低いです。モラハラ夫に洗脳され、身も心も滅ぼされてしまう前に一刻も早く距離を置くことをオススメします。

(文・まおにゃん)


夫婦 について「ままのわ」で聞いてみよう。