苦手なママ友と距離をおいたら子どもが仲間はずれにされてしまった……そんな経験や不安を抱えている方は必見。「ままのわ」に寄せられた、実際のエピソードを追ってみました。子どものために親が無理してママ友付き合いをすることに意味はあるのでしょうか?

ママ友の毎日の長電話にうんざりし始めた

スレ主さんには、仲のいいママ友がいました。子ども同士の仲もよく、同じワーママで話も合い、よく仕事の相談にも乗ってもらっていたそうです。

しかしそのママ友、とにかく毎日電話をかけてくるのです。
電話の内容は子どもの話や夫の愚痴など、いたって普通の世間話ですが、長いときには2時間も話し続けるようです。夕方は晩御飯の支度で忙しいスレ主さんは、さまざまな口実を使ってなんとか電話を切ろうとしましたが、ママ友はそれでもお構いなしに話し続けます。

着信を無視すると次の日どうして電話に出なかったのか質問攻めです。ご主人と離婚の危機にあり、寂しいのかなぁ…と思い話を聞いていますが結構なストレスです。

 

いよいよストレスを感じ始めたスレ主さん。
「ままのわ」に「上手に電話を断ち切る方法を教えてほしい」と投稿しました。

みんなの対策法とは

スレを読んだ人の中にも、同じような経験をした人がいたようでした。
あげられた対策法としては

  • 「忙しくて電話に出られなかった。もう遅いから寝るね!」と、LINEはあえて寝る前に送り、今日はもう電話はできないことをアピールする。
  • 「今から歯医者だから」等の理由を言ったら即切って、徐々にフェードアウトしていく。
  • 「電話していると夫に嫌な顔をされてしまうので、もう切るね」と夫を口実にして断る。
  • 「妻は今忙しく、電話に出られません」と夫に言ってもらう。

など、ハッキリと断るのが良いとの意見が多数でした。

また、「断るのではなく電話をする方法を変える」という対策をあげている人も。

私も昔長電話になることがあり困っていたときありました。いつも長電話していると言う人にどうしているのか聞いたらスピーカーにして会話しながら家事しているとか、Bluetoothのイヤホン使って会話しながら家事育児していました!

 

せっかく親しくしてくれているのに、ハッキリと断ってしまうのは申し訳ない……。どうしても断れない人は、家事をしていても話せるように工夫するのもひとつの手かもしれませんね。

なんとか距離を置いたけど、その結果子どもが……

いろいろと対策をしたスレ主さんでしたが、やっぱりママ友からの長電話や長すぎる立ち話は止まりませんでした。限界になり、ほかのママ友と話すなどして、そのママ友とは距離をとったようです。

その結果……自分の子どもだけハロウィンパーティーに呼ばれないなど、子どもが仲間はずれになってしまいました。スレ主さんは、自分はともかく子どもを傷つけることになってしまったのでは、と心を痛めてしまいます。

大人も子どももそれぞれの世界がある

しかしその後、スレ主さんの事情を知ったほかのママ友さんが、スレ主さんの子どもを誘って別のハロウィンパーティーを開いてくれたそう。距離を置いたママは、スレ主さんの悪口をほかのママ達にしているようですが、それを聞いたほかのママ達も愛想をつかしたようでした。

私の不安は、園が終わってから息子だけ仲間外れにされて長電話のママ友の家でみんなで遊んだりする事だったのですが、事情を知った他のママさんが、『もし○○くん(うちの息子)を外して遊ぼうって誘われても行かないから心配しないで』と言って下さり有り難かったです

 

距離を置いたママとはぎくしゃくした関係のままのようですが、子ども同士は園で仲良く遊んでおり、支えてくれるママ友もいるので、うまくやっている様子が伝わってきます。
今後スレ主さんは距離を置いたママ友のことは気にせず、子どもを見守ることにしたということです。

「子どものため」は関係ない。無理な付き合いはしなくても大丈夫

「ままのわ」にも

クラスも変われば、子供同士の付き合いも変わるし、親は保護者ですからあまり深刻にならなくても…。
この先、小学校や中学校で、もしや無二の親友が出てくるかもしれません。
合わない人は、大人として笑顔で挨拶!深追いしなくても、子供は育ちますよ

 

というコメントが寄せられています。

子どものことを思ってママ友と無理して付き合う気持ちも立派な親心ですが、無理して付き合ってストレスを溜めてしまっては、元も子もありませんね。子どもは親が思っているよりも強いもの。子どものため…と我慢せず、相性が合わないママ友とは距離を置き、気の合う人と仲良くするのがよさそうです。

(文・まおにゃん)


いじめ, ママ友 について「ままのわ」で聞いてみよう。