寝坊してメイクする時間がないけれど、すっぴんでは出勤できない!そんなときは、時短メイクで忙しい朝を乗り切りましょう。少しの工夫で、メイクにかかる時間をぐっと短縮することができますよ。

優秀アイテムを活用して時短メイク!

最近では、時短に役立つメイクアイテムもたくさん販売されています。これだけはおさえておきたいものをご紹介します。

BBクリーム

下地とファンデーションが一緒になっているベースクリーム。洗顔後すぐに、スキンケアなしでそのまま塗れる保湿効果があるものもあります。
適量を手のひらに取り、軽く伸ばしてから、手のひら全体を使って顔の上半分から押しつけるようにペタペタと塗っていきましょう。しっかりとパッティングをして、肌になじませれば、化粧崩れしにくい肌が完成します。

アイシャドウパレット

ハイライトとして使える明るい色から、アイラインとして使える濃い色まで、複数の色が1つになったアイシャドウパレット。ほとんどのアイシャドウパレットは、塗るべき順番が指定されているので、どこのどんな色を使えばいいかわからないメイク初心者さんでも、パッと簡単にプロ級メイクに仕上げることができる優れものです。忙しい朝は、上まぶたに中間色を指で軽く伸ばしておき、下まぶたに明るい色を塗るだけでも、「化粧している感」が生まれます。

マルチコスメ

チークにも、リップにも、アイシャドウにも……1つで3つの役割を果たしてくれるマルチコスメは、時短メイクには欠かせません!時間がないときでも、これ1つで「メイク顔」を作ることができます。持ち運びしやすいため、職場や出先でのメイク直しにも使えて、ポーチの中もスッキリさせることができますよ。

色をつけるポイントをおさえる

マスカラやコンシーラー、アイライナーなどさまざまなメイクアイテムがありますが、実は

  • 目元
  • 眉毛
  • 口元

の5ヵ所にだけ色を乗せておけば、それだけで「化粧している感」が出せるのです。

時短メイクの場合は、丁寧にアイラインを引く必要も、ビューラーでまつげを綺麗にあげる必要もありません!朝は最低限のベースをつくっておき、お昼にメイク直しをしてもいいでしょう。口元は、口紅ではなく色つきのリップクリームを塗るだけでもOK。手抜きしているように思えますが、人が見て「化粧をしているな」と思われるメイクならいいのです。

日頃からメイクしやすい肌を作っておくのも大切

優秀な時短コスメはたくさんありますが、肌荒れしていて化粧のりが悪いと、荒れた部分を隠すために厚塗りしたり、丁寧に塗り込んだりしなければならないため、かえって時間がかかってしまいます。

「ままのわ」にも、

肌の状態が良いとメイクしやすく、隠す部分も少なく済むので、基礎化粧品にこだわって、肌トラブルが起きないよう気を付けています。

 

といった声が寄せられており、メイクを時短にするために、まず土台の肌を綺麗にしておくようにしている人は多いようですよ。

時短メイクをマスターすれば、忙しい朝の時間も有効活用できるかも?ぜひ参考にしてみてくださいね。

(文・まおにゃん)


テクニック, 時短 について「ままのわ」で聞いてみよう。