もうすぐバレンタイン。100円均一で材料からラッピングまで全部揃えて、可愛いチョコレートを手作りしてみませんか?子ども同士の「友チョコ」交換や、職場への「義理チョコ」としてもおすすめ!プチプラで簡単可愛いバレンタイングッズをご紹介します。

100円均一のバレンタイングッズで、チョコを作ってみました

今回バレンタインチョコを作るために、100円ショップで調達したのはこちら。

板チョコ2枚
お店によってチョコの容量に差がありますが、今回はたっぷり作るため2枚用意しました。
溶かしやすいチョコチップ状を取り扱っている店舗もあります。

シリコンモールド
一度にたくさん作ることができ、取り出しやすいシリコン製のモールド。
アルミカップと比べると繰り返し使うことができ、コスパが良いところもポイント。
星やお花など、さまざまな形のシリコンモールドがありますが、バレンタイン時期はやはりハートが人気です。

転写シート
チョコレートを一気に本格的に見せてくれる、転写シートは要チェック!
チョコに貼り付けて一緒に固めれば、お店で売っているようなイラスト付きのチョコが簡単に作れる優れものです。人気のデザインは、早めに売り切れてしまうことも多いそう。

作り方

1.転写シートを型に合わせてカットします。
シリコンモールドの裏側でサイズを確認すると分かりやすいですよ。

2.転写シートをシリコンモールドに敷き詰めます。
ザラザラした面をチョコに貼り付けるので、ザラザラ面が上になるようにしましょう。
型にぴったりはめなくても、半分だけにしたりデザインをつけたりしても素敵な仕上がりになりますよ。

3.チョコを溶かします。
湯煎や電子レンジを使うのが一般的ですが、時短ですませたいならドライヤーを使う方法がおすすめ。これなら、焦げてしまったり分離してしまったりという失敗もありません。

ドライヤーの出力やチョコの量にもよりますが、板チョコ2枚なら約1分半でこの状態になります。

4.溶かしたチョコを、シリコンモールドに入れます。
入れた後に、つまようじでくるくるとかき混ぜ、中の空気を抜くと仕上がりがよくなります。
強く混ぜすぎて転写シートがズレてしまわないよう気をつけましょう。

1~2cm持ち上げて、ポンッと軽く落とすと形が整いやすくなりますよ。
このまま冷蔵庫で冷やし固めましょう。

5.固まったら、完成!!
シリコンモールドから押し出すようにすれば、固まったチョコは簡単に外れます。
転写シート表面の透明フィルムをそっと外せば、完成です!

見た目が可愛いので、そのまま並べてもオシャレですね♪

100円均一ならラッピング用品も豊富!

普段から可愛い袋やリボンなどが手に入る100円ショップですが、バレンタイン時期はより簡単でオシャレなラッピング用品が数多く出揃います。

おすすめはトリュフケース。
チョコを2~4個入れられるものが多いです。
トリュフケースは中が小分けになっており、ケースに入れるだけで見栄えがぐんとアップしますよ。

飾りなども全てセットになっており、チョコを入れるだけでいいという手軽さもポイント。
自分で難しいラッピングをしなくても、ここまで可愛く仕上がるのは嬉しいですね!

簡単なのに見栄えもバッチリ!100円均一バレンタイン

100円ショップで材料を全部揃えるバレンタインチョコは、とっても簡単に本格的な出来映えになるので、手作りお菓子デビューにもおすすめ。
可愛いチョコが喜ばれる「友チョコ」や、職場で渡す「義理チョコ」も、材料費をおさえてたくさん作ることができるので、節約にもつながりますね。

転写シートをカットするのが面倒という方には、転写シートがあらかじめセットされている「転写モールド」を使うという手もあります。こちらはより完成度が高くなるので、パパへの本命チョコとしてもおすすめですよ。
今年のバレンタインは100円均一のバレンタイングッズで、手作りチョコにチャレンジしてみてくださいね。

(文・古屋ナシコ)


100円ショップ, レシピ について「ままのわ」で聞いてみよう。