節約しているつもりだけれど、なぜかいつも予算オーバーという方、しっかり貯蓄するために、無駄遣いにつながる行動パターンをチェックしてみましょう。

スーパーやコンビニエンスストアによく行く

もちろん、行くこと自体は悪いことではありません。買いたいものが明確で、目的のものだけ購入して帰ってくることができればいいのですが、お店には、新商品やセール品、おまとめ品や見切り品など、「誘惑」がたくさん。「新しいから試してみたい」「安いから今買わなくては」「いつか使うから今買っても同じ」と、目的外のものも一緒に買って出てくることはありませんか?

それらをすべて消費したり、使いこなしたりできればいいのですが、食べ切れなかったり、買ったけれど使わなかったりすると、結局は無駄になってしまいます。

無駄な買い物を減らすには、買い物に行く回数を決めて、あらかじめ買うものを決めてリスト化し、それ以外は買わないようにするのがコツ。また、空腹時の買い物は、何でもおいしそうに見えて、余分なものを買ってしまう恐れがあるので、なるべく避けた方がいいかもしれません。

クレジットカードでの買い物をチェックしない

手元に現金がなくても買い物できて便利、そして、ポイントが付いてお得感もあるクレジットカード。実店舗だけでなく、インターネットショッピングでの支払いに使っている方も多いことでしょう。

クレジットカードでの買い物を、家計簿などにきちんと反映していますか?クレジットカードでの買い物は、購入日と引き落とし日に差があります。気をつけないと、支出が見えなくなってしまいがち。

紙の利用明細があれば、レシートと同じ感覚で支出を把握できますが、インターネットショッピングでは、それがありません。自分で把握して、漏れなく家計簿に反映させる仕組みが必要です。

「ストレス解消」「ごほうび」が多い

「ストレス解消」や「ごほうび」という名目で、お財布のひもを緩めていませんか?

あらかじめ予算化されていればいいのですが、そうでない場合は、家計を圧迫する原因になります。高級ブランド品だけでなく、コンビニエンスストアの数百円のお菓子でも、積み重なれば、結構な金額に。

節約、節約というと、気分も縮こまってしまいますが、あらかじめ予算を決めておいて、使うときは納得して楽しく使うのがいいですね。

先取り貯蓄でしっかり増やしましょう

「貯まる人」の話でよく出てくるのは、やはり先取り貯蓄です。「余ったら貯金」では、ふつうの収入ではなかなか貯めることができません。月の予算は、残業代なしの月収で考えておくと、残業代も貯蓄に回すことができますよ。

(文・竹内百合)


お金, 節約 について「ままのわ」で聞いてみよう。