わが家がお小遣いを検討し始めたのは、子どもが小学校に入学した頃。自分が小学生時代に定額のお小遣いをもらっていたので、「そろそろ渡すべき?」と考え始めたのがきっかけでした。あれこれ迷いながら今に至る、わが家のお小遣い事情をご紹介します。

お小遣いに対する、わが家の考え方

まずは周囲のママ友に、子どものお小遣い事情を教えてもらうことからスタート。週や月ごとに定額を渡している、定額にはせず必要な時に渡す、お年玉を全額渡して年間のお小遣いにさせている、など家庭の方針により実にさまざま。定額の場合の金額も、学年×100円程度から1000円近くまで、幅広い!その方式を選んだ理由もどれも納得で、さてわが家はどうしよう?と迷うばかりです。

子どもの性格も考慮して夫婦で相談した結果、

  • お小遣いを自分で管理することでお金の価値を分かってもらいたい。
  • お金はタダでもらえるものではない、ということを理解してほしい。
  • お小遣いの使い道は、親は不必要と考えるけれど本人が欲しいものを想定(付録目当てのマンガ雑誌、ゲームやカプセルトイ、ファンシー雑貨や文具など趣味嗜好品)。
  • ゲームソフト購入など目的をもってせっせと貯金するのは大歓迎。
  • お祭りや友達とのレジャーなど特別な機会には別途それ用のお小遣いを渡すので、金額は少額でいいのでは。

ということで、わが家では「お小遣いは日頃のお手伝いの対価と言う名目で渡す、金額は学年×100円、収支はお小遣い帳に記録させて管理」がよいのでは、という結論に至りました。

学年×100円の定額で始めてみたものの……

定額と決めたものの、実は1年生の間は「必要な時だけ渡す」方式にしていました。まだ計算がおぼつかず、お小遣い帳での収支管理はできないと思われたからです。繰り上がりの足し算・引き算を学校で習い、ほぼ確実にできるようになった1年生の3学期頃から、定額のお小遣いを渡し始めました。

「日頃、家のことを手伝ってくれる分だよ」と説明して渡し、子どもも喜んで時折ほしいものを買っていたのですが、月日が経つにつれ、親の方がなんだかモヤモヤ……。というのも、子どもはその日の気分次第でお手伝いをしたりしなかったりの波が大きく、お手伝いの成果としてのお小遣いがつながらなくなってしまっている気がしたのです。

お手伝い量で金額が変わるように路線変更

そこで、3年生になる頃に子供も交えて再度お小遣い制度について検討し、「月に学年×100円」から「お手伝い報酬制」にルールを変更しました。「やった」「やってない」のバトルを避けるべく、カレンダー形式のお手伝いチェック表も作成。横軸に1ヵ月の日付を入れ、縦軸にその月担当する予定のお手伝い項目を子どもが書き込み、日々やったお手伝いにハンコを押していったものを月末に集計して翌月のお小遣いに。金額は、お手伝い項目1つにつき月間20日以上できたら月額100円、10日以上なら月額50円とすることで、子どもと合意しました。

子どもがほぼ毎日担当しているお手伝いは、お風呂の支度(浴槽洗い・お湯張り)と朝食・夕食の配膳。この3つのお手伝いをそれぞれ月間20日以上できたら、100円×3で月額300円となる計算です。このほか休日や長期休み期間には植物の水やりや洗濯物干し、フローリングワイパーかけが加わることもあります。1ヵ月の間休まず毎日続けられたり、項目外のお手伝いも積極的に引き受けたりして頑張った月は、ボーナスとして増額。これらを合わせて、だいたい月300~600円程度になっています。

今後もしばらくは、お手伝い報酬制を続行で

お手伝い1項目月額100円という価格設定が妥当かどうかはともかく、親としてはきちんと成果に応じた金額を渡すルールにしたことで気持ちがスッキリできました。子どもの方も「やった分だけもらえる」のはそれなりに達成感があるよう。ちょっと使い過ぎて財布の中が寂しくなると「お手伝いをもっとしなくちゃ」と、自分なりに考えてもいるようです。

反面、お正月にもらったお年玉で財布が少々うるおっている今の時季は、お手伝い熱がやや冷め気味。最低限のお手伝いしかしておらず少々歯がゆいながら、全くやっていないわけではないので、様子見の状態です。今の方式がいつまで通用するかは分かりませんが、今後も状況に応じて、わが家にフィットする方法を探求していきたいと思っています。

(文・タダエツコ)


お金, 子ども について「ままのわ」で聞いてみよう。