認定こども園の特徴や、保育園や幼稚園との違いを徹底解説!認定こども園の種類や、ワーママに向いている保育施設はどこがいいのかなど、それぞれのメリット・デメリットを踏まえてご紹介します。

【保育園でも幼稚園でもない】認定こども園とは?

都内を始め、最近全国的にも増えてきた「認定こども園」。
名前を聞いたことはあっても、どんなものか知らないという人も多いのではないでしょうか。

認定こども園とは、幼稚園と保育園の制度を一本化した認可の保育施設のこと。
長時間預かりなど保育園のような機能を持ちながら、3歳以上の子どもなら親が働いていなくても入園できるといった幼稚園のような機能も持ち合わせています。
保育園と幼稚園の良さを両方持ち合わせたものが、認定こども園です。

認定こども園には種類がある

認定こども園には、4つの種類があります。

・幼保連携型
幼稚園的機能と、保育園的機能を両方持ち合わせ、「認定こども園」として独立したものです。小学校などと連携を図り、小学校への進学がスムーズにできるような体制を整えています。

・幼稚園型
既存の幼稚園が元となっているタイプです。
幼稚園が長時間預かりや3歳未満の子どもの受け入れなどの保育園的な役割を担い、こども園として機能しています。

・保育所型
既存の保育園が元となっているタイプです。
就労していない保護者でも利用できるよう、保育園での保育の対象にならない子どもの受け入れなどの幼稚園的機能を備えています。

・地方裁量型
認可のない教育・保育施設が元となっているものです。
待機児童解消のために、新たに認定こども園として機能しています。

この中で最も多いのが幼稚園型、次に幼保連携型です。

認定こども園・保育園・幼稚園の特徴

認定こども園・保育園・幼稚園の特徴をそれぞれ比較してみましょう。

認定こども園

  • 入園可能年齢…0歳~就学前
  • 標準保育時間…7時30分~17時(4時間でも可)
  • 入園条件…3歳未満の保育が必要な子ども。3歳以上は誰でもOK。
  • 職員…保育士・幼稚園教諭
  • 給食…義務

保育園機能を持ちながらも、英語や音楽など幼稚園のような幼児教育を受けられるのが特徴です。習い事が充実している園も多くあります。

保育園

  • 入園可能年齢…0歳~就学前
  • 標準保育時間…7時30分~17時(原則8時間)
  • 入園条件…保育を必要とする子ども
  • 職員…保育士
  • 給食…義務

早朝保育や、預かり保育が充実しています。最近では、幼稚園のように読み書きや音楽の教育に力を入れている園も増えています。

幼稚園

  • 入園可能年齢…3歳~就学前
  • 標準保育時間…9時~14時(標準4時間)
  • 入園条件…3歳以上なら誰でもOK
  • 職員…幼稚園教諭
  • 給食…任意

最近では預かり保育を実施している園も多くあります。給食の有無は園によって異なり、お弁当持参の園もあります。

こうして比較してみると、認定こども園は保育園と幼稚園のいいところをまとめた施設だとわかりますね。

認定こども園・保育園・幼稚園。共働きはどこがいい?

さまざまな形態の保育施設がありますが、共働き家庭に向いているのはどの園なのでしょうか?それぞれのメリットやデメリットを交えてご紹介します。

フルタイム共働き家庭はやはり保育園がいい

パパ、ママが共に平日フルタイムで働いている家庭は、やはり保育園を選ぶことをオススメします。保育園はほかの保育施設とくらべて平日の行事が極めて少なく、役員会議などもない園がほとんど。また、給食が義務化されているため、忙しい朝にお弁当を作らなければいけないという負担もありません。

デメリットといえば、やはり待機児童問題。
都市部ではとくに保育園活動が激化していて、なかなか希望の園に入れないのが現状です。また、保育園は「保育を対象とする子ども」が入園の絶対条件なので、親が退職した場合は子どもも退園しなければなりません。

時短パート勤務なら幼稚園でも可

ワーママには幼稚園の通園は難しいという印象がありますが、最近では預かり保育を実施している園も増えてきているため、時短パート勤務なら幼稚園の通園も可能です。

しかし、幼稚園は保育園と比べると平日行事が多く、役員活動も活発。おゆうぎ会の衣装作りや卒業アルバムの制作など、親が協力しなければいけない場面も多く、仕事より幼稚園行事を優先することができなければ厳しい面もあります。

フルタイム・扶養内パート勤務なら認定こども園

認定こども園の最大のメリットは、3歳以上なら親が就業していなくても入園できるということ。保育園は、万が一仕事を辞めてしまった場合、保育園も退園しなければなりませんが、認定こども園ならその心配はありません。パート勤務でも扶養内いっぱいに働くとなると幼稚園通いは難しいですが、認定こども園なら預かり保育や給食の実施など保育園機能も充実しているので、安心して働くことができます。

デメリットをあげるなら、園の方針にもよりますが、保育園よりは平日行事や役員活動が多い園があるという点です。現在では幼稚園型の認定こども園が多く、希望する園のベースが幼稚園であった場合、平日行事があるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

認定こども園・保育園・幼稚園は家庭にあう園を選んで

3つの保育施設の特徴をまとめて、比較してきました。
認定こども園は、働かなくてはいけないけれど、子どもにしっかりとした幼児教育を受けさせてあげたいという親の願いを叶えてくれます。しかし、最近では教育に力をいれている保育園や、給食実施や長時間預かりに力をいれている幼稚園も増えてきています。いろんな園に見学に行き、家庭にあった園を見つけてみてくださいね。

認定こども園は、都心部を中心に徐々に増えてきていますが、まだまだ発展途上です。認定こども園が主流になっていけば、待機児童問題も収束に向かうかもしれませんね。

(文・まおにゃん)


幼稚園, 育児, 保育園 について「ままのわ」で聞いてみよう。