子育てに奮闘する毎日、思わずイライラしたり不安になったりする瞬間、ありませんか?育児ストレスの原因や、「どうして言うことをきいてくれないの!」とイライラが募ってしまったときに実践したい、上手なストレス解消法についてお伝えします。

育児ストレスの原因

ストレスの原因や程度には個人差もありますが、おおむね以下のような点を原因として挙げるママが多いようですね。

  • 24時間、赤ちゃんが中心になるため、自分の自由な時間が確保しづらい
  • ぐずり、夜泣きがいつ起こるかわからないため、心から落ち着くことができない
  • 自分の育て方が正しいのかどうかわからない、不安にさいなまれる
  • 自分1人で育児を背負っている感がある
  • 仕事や趣味と違って「嫌ならやめる」という選択肢がない

これらのストレスは、子どもの成長に伴ってやがては軽減されていくものの、現在奮闘中のママにとっては辛いことでもあるでしょう。

ストレスを抱えたまま我慢を続けてしまうと心身に余裕がなくなり、「カッとして子どもに手をあげたくなったり、激しく叱責したくなったりする」「イライラした自分に対して自信を喪失してしまい、ノイローゼに」といった深刻な問題を引き起こしかねません。

育児ストレスをため込まないようにするには?

ストレスをため込まないようにするためには、まず「なぜストレスを感じてしまうのか」を分析してみることをおすすめします。以下の項目をセルフチェックしてみましょう。

□ “完璧な育児”にこだわっていませんか?
「~すべき」「~であるべき」と、自分や子どもに完璧を求めすぎてしまうと、失敗したことやできなかったことに意識がいってしまい、ネガティブ思考に陥りやすくなるおそれがあります。「50%しかできなかった」ではなく「50%もできた」といったポジティブ思考を習慣にしてみましょう。

□ 周囲と自分の育児を比べていませんか?
ママ友や親せき等、「〇〇ちゃんはもうこれだけできるのに、うちの子ときたら」と周囲と比べてしまいがち。しかし、よく考えてみれば、発育のスピードや育てる環境は十人十色です。ましてや子どもの個性はそれぞれに違いますよね。他人の家庭と比べて一喜一憂する必要はまったくありません。

□ 周囲に相談することをためらっていませんか?
責任感の強いママは、「私がなんとかしなくては」と1人で考え、決断しようとしてしまうこともあるのではないでしょうか。その結果、袋小路に入ってしまったり、孤独を感じてしまったり……。そんなとき忘れないでほしいのは「相談相手は必ずいる」ということです。夫はもちろんのこと、友達や親兄弟でもいいですし、あるいは地域の保健センター等、育児の相談窓口から客観的なアドバイスをもらってみるのもよい方法です。

以上、これら3点に気をつけるだけでも、ストレスの軽減につながるはずです。ぜひ心に留めてみてくださいね。

試す価値アリ!ストレス解消のアイディア

それでは、「他の先輩ママたちはどうやって育児ストレスと向き合い、解消したのか知りたい!」という方のために、いくつかの事例をご紹介しましょう。

深呼吸をする

深呼吸は、どんなに忙しい日々を送っている方でも取り組むことのできる自律神経訓練法といえるでしょう。心と体は密接につながって影響し合っているため、深い呼吸を繰り返して体の緊張がほぐれていくと、それが脳にも伝わり、精神の安定をはかることができるといわれています。強いストレスを感じたときなど、応急処置としても深呼吸はおすすめです。

涙活を取り入れる

「泣く」という行為には、緊張を取り除く効果が期待できます。これは、涙腺が心身をリラックスモードに導く副交感神経のコントロール下にあることが理由のひとつとされているからです。また、泣くことにより日頃たまっているネガティブな考えやイライラを吐きだすこともできるため、育児ストレスで悩んでいるママにも適したストレス解消法といえるでしょう。感動できる映画を観たり、小説を読んだり、自分に合った方法で涙活してみてはいかがでしょうか。

カラオケボックスに行く

ストレス解消には、大きな声を出すのも有効策。お腹の底から声を出して叫ぶと、その反動で新鮮な酸素をたっぷり吸い込むことになるため、脳もリフレッシュされるといわれています。腹筋も鍛えられるため、シェイプアップもちゃっかり実現しちゃいましょう。

お気に入りのアロマを見つける

天然精油のアロマを試してみるのもおすすめです。ハーブや花から作られる天然精油は、人工香料とは違い、鼻から香りを深く吸い込むことで脳にリラクゼーション効果をもたらすといわれています。特に、ラベンダーやオレンジフラワーの香りは高いリラックス効果が期待され、女性にも人気です。

ひたすら愚痴る

先輩ママとランチをしたり、実家に帰ったり、自分の悩みを気兼ねなく話せる相手にひたすら愚痴るのも意外と効果的なストレス解消法です。「えー、そうなんだ、大変だったねぇ」「あ、それよくあることだから大丈夫」「それにしてもホント、すごく頑張っているね」等、共感や称賛をしてもらうことで心身の疲労回復にもなり、また気持ちも新たに頑張れそうですね。

大丈夫。最初から完璧なママなんていない

子育て中のママなら必ずといっていいほど誰もが体験する、育児ストレス。自分のやっていることに自信が持てなくなることもあれば、努力が報われていないような不満を覚えることもあるかもしれません。

それでも、大丈夫。最初から完璧なママなんていないのですから。まずは自分の抱えているストレスの状況を見つめ、今回ご紹介したストレス解消法をはじめ、自分が取り組みやすいことから少しずつ実践してみるだけでも必ず前に進んでいけるはず。周囲にも遠慮なく助けを求めましょう。子育てに試行錯誤しながらも全力で頑張った日々は、将来、あなたのかけがえのない財産になるはずです。

(文・なかたり)


ストレス, 育児 について「ままのわ」で聞いてみよう。