野菜は正しく保存すれば長持ちします。節約のために野菜をまとめ買いしたけれど、腐らせてしまったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。野菜を驚くほど長持ちさせる、覚えておくべき保存の知恵をご紹介します。

野菜が長持ちしやすい適正な保存環境とは?

野菜は日の当たらない、暗くて涼しい場所に保存するのがいいというイメージを、なんとなく持っている人も多いかと思います。

実際に、そのイメージは概ね合っています。
野菜の鮮度を保つために1番重要なことは、植物を老化させる「エチレン」という植物ホルモンから野菜を守ることです。

野菜の呼吸数が増えれば、エチレンも増えてしまうといわれています。呼吸数を減らすためには、日の当たらない暗くて寒い場所に保存することが大切。2~5℃くらいの温度が適正だとされているので、どの野菜も冷蔵庫の野菜室が最適な保存場所なのです。

使いかけの野菜はラップをして保存する

冷蔵庫に保存するのがいいということはわかりましたが、ただ入れておけば大丈夫ということではありません。

節約のために、安売りの日に大量に野菜をまとめ買いした場合、1度にすべてを使い切ることは難しいですよね。
そのために、半分だけ使って残りは保存しておく、という人も多いかと思いますが、保存の際に忘れてはいけないことは「切った野菜にラップをすること」
切ってしまった野菜は、切り口からエチレンが発生しやすくなってしまいます。傷ませないためには、切り口にラップをして密閉することが大切。ラップをしてからもう1度冷蔵庫に戻せば、なにもせず冷蔵庫にいれただけの野菜より断然長持ちします。

湿気が苦手な野菜は吊るして保存する

タマネギやニンニクなど、乾燥させてから出荷している野菜もあります。乾燥させている野菜は湿気が苦手なので、野菜が乾燥を保てるような保存環境を用意してあげましょう。

湿気が苦手な野菜は、風通しが良い場所にかごや網を吊るして保存するのがベスト。
元々ネットに入った状態で販売されている野菜なら、そのまま吊るして保存してもいいですし、ネットがなければストッキングなどに入れて保存してもOK。最近はオシャレな保存用ネットもたくさん販売されていて、インテリアの一部のように保存できるものもありますよ。
吊るす場所は窓際でもいいですが、直射日光に当たらないように注意してくださいね。

天日干ししてから保存すると甘みがUP!

野菜は、天日干しして水分を飛ばすと、味が凝縮されて甘みが増すといわれています。

切った野菜をざるやネットに並べて、5~6時間ほど日光にさらし、夕方に取り込むだけ。あとは、しっかりラップをして密閉し、冷蔵庫に保存すれば生野菜と同じように調理ができます。天日干しした野菜でも、炒めものや煮もの、揚げものにも使えますよ。

捨ててしまいがちな野菜の皮も、天日干しすればおいしく食べられます。皮まで食べれば、節約にも貢献!1つの知恵として覚えておきたい保存方法です。

正しく保存をすれば食費節約にもつながる!

野菜は正しく保存すれば長持ちするので、安心して安売りの日にまとめ買いしておくことができますね。野菜の鮮度を保つためには、とにかく「エチレン」を増やさないようにすること。

じゃがいもやかぼちゃなどの熱帯・亜熱帯地方の野菜は低温に弱いため、冷蔵保存は向かないといわれていますが、やはり切った野菜はしっかりと密閉して、冷蔵保存するのがベスト。使いかけの野菜の保存は、とくに湿気や温度には十分に気をつけましょう。

正しく保存して、おいしい野菜を楽しんで下さいね。

(文・まおにゃん)


テクニック, 家事 について「ままのわ」で聞いてみよう。