不妊に効く漢方と養生法

つらい「不妊」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

体を温めて、妊娠しやすい状態に



  • 出典:株式会社法研「女子漢方」
  • 著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
  •    木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
  •    上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

不妊の原因は、漢方では、気虚(き きょ)や血虚(けっ きょ)、瘀血(お けつ)などいろいろありますが、とくに、影響していると考えられているのは、栄養状態が悪くなっている血虚や、血の巡りが滞っている瘀血などの血の異常と冷えです。この場合は、気虚も合併していることがあります。

冷えがあると妊娠しにくいのは昔から知られていて、後継ぎを生むお嫁さんの体を冷やさないように”秋ナスは嫁に食わすな”ということわざがあるほどです。

また、若い頃にダイエットをしていた人は、冷え症が起こりやすく、不妊の原因になっていることがあります。この場合、気虚や血虚を伴なっていることがあり、そもそも月経が不順だったり、月経がこなかったりする場合もあります。するとまず、月経不順や無月経の治療から始めなくてはなりません。月経自体は、西洋医学的に治療することができたとしても、生体のリズムをとりもどしてもらうために、漢方薬を併用することがあるのです。

いずれにしても治療は困難で、時間がかかるので、無理なダイエットはやめたほうがよいでしょう。ダイエットは、血虚の原因にもなります。

瘀血も不妊の原因となります。瘀血は、栄養不足だけでなく、運動不足や食生活によって誘発されますので、日頃から健康的な生活を心がけることが大切です。また、ストレスによる気滞(き たい)も瘀血に繋がります。

漢方処方

西洋医学的な不妊の原因は、次頁で説明しますが、卵管閉塞などの器質的疾患がある場合には、西洋医学的な治療を優先します。それ以外の場合も、漢方だけで治療するのではなく、西洋医学的な治療と併用して行う場合が大半です。

たとえば、いくら卵子がよい状態でも、受け入れる子宮の状態がよくなければ妊娠しません。このような場合は、漢方で全身と子宮の状態をととのえて妊娠しやすい状態をつくって、体外受精を行うなどの方法をとります。

*冷えがある場合

まず冷えの治療を行います。不妊治療の際によく用いる漢方薬は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)などです。生薬(しょうやく)の附子末(ぶ し まつ)を加えてさらに温めたり、紅参末(べに じん まつ)を加えて血流と栄養を改善したりもします。

過剰なダイエットなどで、気虚と血虚を合併しているときには、十全大補湯(じゅう ぜん たい ほ とう)を用います。

*月経のリズムを元に戻す場合

排卵障害を伴う場合に、もっともよく使われる漢方薬は、温経湯(うん けい とう)です。必要に応じて、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や十全大補湯(じゅう ぜん たい ほ とう)などを用いることもあります。頻度は高くありませんが、生殖を司る腎が弱っている場合には、アンチエイジングの薬としても利用される八味地黄丸(はち み じ おう がん)も使います。

*瘀血があり、血流を改善する場合

瘀血をとる漢方薬、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などを処方することがありますが、子宮筋の緊張を促す可能性があるので、中期以降の内服は流産の危険があると言われています。そのため、妊娠がわかったら、すぐに内服を中止する必要があります。必ず専門家に相談して服用してください。

*男性にも漢方薬を一緒に飲んでもらう場合

疲労回復に効果がある漢方薬、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、精子の運動率を高める可能性があると言われていて、よく使われます。アンチエイジングの処方である八味地黄丸(はち み じ おう がん)も人気があります。この二つは、ご夫婦で仲良く飲んでいるケースも多い処方です。


西洋医学の考え方

症状

避妊をせず、普通の夫婦生活を送っていて、2年以上妊娠しない状態のことを不妊と定義しています。

不妊かなと思ったら、原因を調べるために、まず検査をする必要があります。

基礎体温をつけることから始まり、血液検査、ホルモンの値を調べる検査、卵管が狭くなっていたり詰まっていたりしないかを調べる子宮卵管造影、性交後、子宮頸管粘液の中にある精子の状態を見るフーナーテストなど、さまざまな検査があります。すべての検査を終了するのに、1ヵ月ほどかかります。

女性側の不妊の原因としては、排卵障害や高温期が短い黄体機能不全などの卵巣機能の障害、卵管がつまっていて卵子が通過できない卵管閉塞などの理由があります。子宮内膜症や子宮筋腫も不妊の原因になります。毎月月経があっても排卵していない場合もあります。

女性の側に原因があるとは限らないので、通常は男性の精液検査も一緒に行います。 

男性側の原因としては、精子の数が少なかったり、運動率が悪かったり、奇形率が多かったりすることがあげられます。

しかし、男女ともに、検査では全く異常がないのに、妊娠しない場合もあります。これらは、原因不明不妊、あるいは機能性不妊と言われます。

対処法

最初は、排卵日を予測して、その前後に性交を行うタイミング法で様子を見ます。

それで妊娠しない場合は、とりだした精子を、カテーテルを用いて子宮や卵管に入れる人工受精を行います。それでも難しい場合は、精子と卵子を体外で受精させて、受精卵を子宮の中に移植する体外受精を行います。このとき、精子と卵子が受精しない場合は、顕微鏡で確認しながら、精子と卵子を受精させる顕微授精を行います。”


つらい「習慣性流産、不育症について 」改善-漢方医学、西洋医学での対処法



流産は、決して珍しいことではありません。年齢差や個人差はありますが、妊娠した人の約10~15%は流産になると言われ、比較的多くの人が経験しています。

流産には、さまざまな状態があります。自然に起きる流産、そして、体内で胎児は死亡しているけれど、まだ出血、腹痛などの症状がない稽留流産(けいりゅう)などです。

妊娠はするけれど、その後、流産や死産をくり返す状態を不育症、習慣性流産と言います。3回以上くり返す場合には、習慣性流産として原因を調べ、治療することが望ましいとされています。

なお、妊娠反応は陽性で、子宮の中の赤ちゃんの袋が見える前に流産してしまう化学流産の場合は、不育症としての流産の回数には含まれません。

しかし、流産は女性の心身に大きな負担になることであり、ご本人の希望で2回目の流産をきっかけに検査をするということも少なくありません。

また、この段階で、体質をととのえるために漢方薬を処方する場合があります。漢方薬で不育症に効果があるとされているのは、柴苓湯(さい れい とう)です。漢方医だけでなく、産婦人科の先生方も処方される漢方薬です。それ以外では、婦人科系の疾患によく用いられる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方することもあります。


その他の章の記事 - 女子漢方

ままのわアプリを今すぐダウンロード!