子宮内膜症・子宮筋腫に効く漢方と養生法

つらい「子宮内膜症・子宮筋腫」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

治療の中心は西洋医学。漢方でうまくサポートを



  • 出典:株式会社法研「女子漢方」
  • 著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
  •    木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
  •    上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

子宮内膜症や子宮筋腫は、月経痛が強くなったり、月経の期間が長くなる、出血量が多くなるなどの症状があらわれます。

これらの症状や、ホルモン療法によって、イライラしたり、のぼせたりする症状をとるためには、漢方の治療を行います。

漢方では、子宮内膜症や子宮筋腫の原因は、血の巡りが悪くなっている瘀血(お けつ)によるものと考えられていて、どちらの病気であっても病気自体の改善のためには、瘀血を治療する漢方薬を使います。

また、冷えが関係して症状が悪くなっている場合もあるので、冷え症を改善する処方もよく使われます。

しかし、実際に漢方薬だけで、子宮内膜症や子宮筋腫を治療するのは難しいため、西洋医学的な治療が中心になります。そこでは、漢方薬はつらい症状の軽減や、治療による副作用の軽減のために用いられます。

漢方処方

*瘀血を改善する場合

まず、病気自体が瘀血によって引き起こされていると考えられることと、月経痛の原因となることから、血の巡りをよくして、瘀血を改善する処方がよく使われます。

代表的な漢方薬の処方は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。それ以外にも、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)や通導散(つうどうさん)や大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)などがありますが、副作用として下痢があるため、使用には注意が必要です。

このほか、長年続く瘀血に効果があるとされていて、不安感やイライラするなどの精神的な症状にも効果がある漢方薬、芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)を用いる場合もあります。

*冷え症が強い場合

冷えの代表的な処方である漢方薬、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を使うことで、冷えに伴う痛みが改善する場合があります。

このほか、むくみや、胃の中でぽちゃぽちゃと水の音がする水毒(すい どく)の症状が強い人には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が有効です。

*出血が多い場合

止血効果のある漢方薬、芎帰膠艾湯(きゅう き きょう がい とう)を使います。

*治療のホルモン剤による副作用

代表的な処方は、婦人科系の病気の多くの症状に使われる加味逍遥散(かみしょうようさん)です。

ホルモン剤を使うと閉経に近い状態になるので、更年期障害症候群のようなのぼせ、イライラなどの症状が出やすくなります。そのため、更年期障害症候群の治療薬と同じ処方がよく使われます。たとえば、のぼせが強いときには、生薬(しょう やく)の当帰(とう き)、香附子(こう ぶ し)などを組み合わせた女神散(にょ しん さん)を用います。


西洋医学の考え方

症状

子宮内膜症のおもな症状は、月経痛、性交痛、下腹部の痛みなどです。一方の子宮筋腫の症状は、月経期間の長さ、多量の出血、下腹部のしこりや痛みなどで、いずれも不妊の原因にもなっています。

おもな原因は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が過剰になることで、生じると考えられています。

子宮内膜症とは、本来は子宮の内側にしかないはずの子宮内膜の組織が、子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。

通常、子宮内膜は、妊娠が成立しないとはがれ落ちて排出されますが、子宮内膜症の場合は、内膜の組織の一部が卵管を通っておなかの中にこぼれて落ち、その一部がおなかの中で増殖した状態になり、月経に伴って、炎症やほかの組織との癒着、出血を起こしたりします。

一方の子宮内膜症の種類には、卵巣の内側に子宮内膜の組織が入りこんで増殖したり、癒着したりする卵巣チョコレート嚢胞(のう ほう)、ダグラス窩(か)と呼ばれる子宮と直腸の間で、子宮内膜の組織が増殖したり癒着するダグラス窩閉塞などがあります。

子宮筋腫は、女性ホルモンの影響によって、子宮にできた良性の腫れ物のことで、一つだけできることもあれば何十個もできる人もいます。大きさは、顕微鏡で見ないとわからないくらい小さなものから、数十センチに及ぶものまであります。

子宮筋腫ができると、その周囲に新しい毛細血管が張り巡らされます。腫れ物は、その血管から栄養をもらって大きくなり、そのため、月経が長引いたり、月経血の量が増えたりするのです。また、子宮筋腫に子宮内膜症が合併して起こることもあります。

対処法

子宮内膜症の治療は、低用量ピルや黄体ホルモン製剤などで、内膜の増殖を抑える薬物療法や、手術療法があり、年齢や妊娠を希望するかどうかによって、治療法を選択することとなります。

なお、薬物療法には、痛みを抑えるための対症療法や、必要に応じて行うホルモン補充療法があります。

対症療法は、病気の進行を抑える効果はないので、定期的に受診しながら、経過を診ていくことになります。手術療法は、大きなサイズの卵巣チョコレート嚢胞が見つかった場合などに行います。

子宮筋腫の治療もほぼ同様で、ホルモン剤などの薬物療法で症状を抑えたり、手術で筋腫だけ、あるいは、子宮全部を摘出する場合などがあります。


「子宮内膜症・子宮筋腫」を食材で改善-女性ホルモンをととのえて、血の巡りを改善




イソフラボンでホルモンバランスをととのえる

ホルモンバランスを整える代表的な食材は、植物性エストロゲンとも呼ばれている大豆です。

大豆には、女性ホルモンに似た構造をしている栄養素、イソフラボンが含まれています。エストロゲン(卵胞ホルモン)が足りなければ補い、多すぎるときには減らそうとする作用があると言われています。


血を補う食材をとる

子宮内膜症は、子宮から大量の血液が排出され、月経量が増えることがあるので、貧血を起こしやすい傾向にあります。そのため、血の巡りを促す食材をおすすめします。鶏レバー、豚レバー、ホウレンソウ、春菊、ヒジキ、シジミ、牡蠣、黒キクラゲなどは、鉄分が多く含まれています。


カルシウムで骨を守る

エストロゲンは、骨をつくる働きもあります。ホルモンのバランスが崩れてエストロゲンが減少すると、骨量が減少するので、カルシウムも摂取することをおすすめします。実際、治療の際に、ホルモンバランスの調整などで、骨の中のカルシウムが失われる副作用が起こることも稀にあります。

カルシウムを多く含む食材は、チーズなどの乳製品、ワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻類です。

なお、ホルモンのバランスを崩しやすい食材は、精製された白砂糖、白い小麦粉、白米。動物性脂肪が多く含まれる肉類、乳製品などです。


その他の章の記事 - 女子漢方

ままのわアプリを今すぐダウンロード!