頭痛に効く漢方と養生法

つらい「頭痛」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

原因を探り、痛みを解消



  • 出典:株式会社法研「女子漢方」
  • 著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
  •    木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
  •    上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

後述する西洋医学的な検査をしても、原因となる病気がみつからず、慢性の頭痛がある場合には、漢方で痛みを緩和する治療を行うこともできます。

体の冷えや、血が滞る瘀血(お けつ)、ストレスによって気の巡りが停滞している気滞(き たい)、体内に余分な水分がたまっている水毒(すい どく)、肩こりなど、頭痛になる原因はさまざまな要素が考えられます。その原因を見極めて、頭痛を改善します。

漢方処方

*手足が冷えて、吐き気を伴う片頭痛の場合

冷えたときなどに激しい頭痛を起こし、吐き気を伴うような場合には、体を温めて気、血の流れをよくする漢方薬、呉茱萸湯(ご しゅ ゆ とう)が有効です。

*冷えのぼせがあり、肩こりを伴う場合

首や肩のこりを伴う頭痛は、血が滞る瘀血が引き起こしていると考えられます。瘀血を解消する桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などを使います。

*めまいやむくみがある場合

水の流れが停滞していると考えられるので、利尿作用があり、水の巡りをよくする五苓散(ご れい さん)が有効です。

*風邪などが原因の場合

発汗作用のある葛根湯(かっ こん とう)で痛みが和らぎます。葛根湯は、肩や首のこりがあるときにも有効です。

 片頭痛 緊張型頭痛 緊張性の頭痛は温め、片頭痛は冷やすと痛みが楽になります。



西洋医学の考え方

症状

頭痛は、首や肩のこりなどを伴い、頭が締めつけられるように痛む”緊張型頭痛”、脳の血管が広がって脈打つように痛む”片頭痛”などいくつかのタイプに分けられます。

緊張型頭痛は、ストレスや疲れ、同じ姿勢を続けることなどによって起こります。片頭痛は、月経周期に合わせて月経前や月経中にも起こることがあります。

対処法

急に激しい痛みが起こったときや、慢性の頭痛が続くとき、痛みがだんだん増しているようなときには、脳腫瘍や脳血管疾患などが原因で頭痛が起きている可能性もあります。脳神経外科などを受診して、重大な病気がないかどうか検査することが大切です。

自己判断で市販薬を使い続けていると、悪化させることもあるので、病院を受診して、鎮痛剤や抹消循環改善薬など、自分の頭痛のタイプに合った薬を処方してもらいましょう。

月経周期に関連して起こる頭痛の場合は、低用量ピルで軽減することもあります。


その他の章の記事 - 女子漢方

ままのわアプリを今すぐダウンロード!