3月8日
大人ニキビには低用量ピルという選択肢も

乾燥する部分とオイリーな部分が同居して、ニキビもできる複雑な大人肌。大人ニキビは低用量ピルでホルモンを調節することにより、過剰な皮脂分泌や毛穴の開きを抑制して改善できる場合もあります。何もやってもニキビが治らないという人は、婦人科や皮膚科で相談してみては。

バックナンバー

2017年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。