3月18日
陰陽に基づいたスープでお腹の冷えを解消

現代人はお腹が冷えている人が多いと言われます。それは、低体温や血行不良などによる冷えのせい。さらに内臓まで冷えると、お腹に脂肪や老廃物がたまる原因にもなります。それを解消するには、東洋医学の陰陽に基づいた材料を使ったスープがおすすめ。体を温める生姜や玉ねぎ(陽性)、体を冷やすもやし(陰性)、どちらでもないしいたけや大豆(平性)などをバランス良く入れるとよいでしょう。

バックナンバー

2017年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。