3月25日
強弱2種のクレンジングを使い分ける

薄いメイクの時に強いクレンジング剤を使うと、肌は傷んでしまいます。反対に濃いメイクの時に弱いクレンジング剤しかないと、落としきれずに汚れが残ったりこすって肌を傷めることに。肌のためには、濃いメイク用のオイルタイプ、薄いメイク用のミルクかジェルタイプと、2種類のクレンジング剤を用意して使い分けましょう。

バックナンバー

2017年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。