4月29日
この季節に多い「引っ越しうつ病」予防に卵やバナナを

うつ病とひとくちに言っても、原因も症状も人それぞれ。中には「引っ越しうつ病」と呼ばれるものがあります。引っ越しなど環境の変化によって起こることが多く、新学期や転勤の時期に多いそうです。家の高額ローンが心の負担になって発症することも。逆に、長年払っていたローンなどを完済すると、「荷下ろしうつ病」になる場合もあるのだとか。“癒しのホルモン”と呼ばれるセロトニンを作る卵やバナナ、ナッツ類を食べて予防しましょう。もしも自分で「つらい」と思うようなら、早めに精神科を受診しましょう。

バックナンバー

2017年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。