9月29日
シミを予防・改善するには魚介類を食べて肝臓を元気に

紫外線やストレスなどの影響により、体内の細胞が酸化し、血中に毒素が生じやすくなります。この毒素をろ過して排出する働きをするのが肝臓。そのため肝臓の働きが鈍ると、シミができやすくなります。そこでとりたいのが、肝臓を元気にするという成分「タウリン」。このタウリンは魚介類に豊富なので、イカ、タコ、シジミなどを積極的にとりましょう。

バックナンバー

2018年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。